2009.11.22 風のたより 歳時記  小雪

   このコラムは、11月25日水曜日、あさ9時30分
   『タッキー816みのおエフエム』 (周波数81.6) 
   モーニング・タッキー「風のたより」で放送されます。
   箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。

f0009128_16415332.jpg

手袋を拾ひにもどる川の照り  長井紀子

手袋が、そろそろ必要となってきた箕面の里山。
山道で出会うハイカーも、手袋姿、マフラー姿が増えて来ました。

枝葉鳴るあした夕べに冬めきぬ  室積徂春

週末は、暦の上では「小雪」でした。
この時期の天候は、地域により、かなりのばらつきがありますが、「小雪」は、雨が小雪に変わる目安とされています。たしかに、朝晩は、冬の冷たさに近くなってきました。

沈黙の色鮮やかに冬紅葉  廣瀬直人

日を追うごとに寒さが増して、そして、冷たさが増すほどに、もみぢの色も、より色濃く染まっていきます。
瀧道の人出はもちろんですが、瀧道から分かれる山道も、たくさんのハイカーで賑わっていました。
もしかしたら、人知れず、とっておきの紅葉狩りの場所があるのかもしれませんね。
f0009128_1714792.jpg

日中、陽が射して、風が止むと、上着を一枚取るほどの暖かさが感じられます。旧暦の十月は、「小春月」でもあります。西江寺の山道で、コバノミツバツツジの返り咲きがあり、はたまた、その奥の道では、真っ赤なソヨゴの実が冬の訪れを告げていたり・・・。日向と日蔭、日中と朝晩、気温が大きく変動する今日この頃ですね。
f0009128_16433967.jpg

麓の垣根越しには、南天の実が、赤く実っています。
古く中国から入って来たと云われる、この南天。「難を転ずる」から難転、あるいは望みが叶う「成る天」として、庭先に植えられています。この南天、里山では、咳や百日咳に使う薬草でもありました。また、解毒作用があることも知られており、お赤飯の上には、南天の葉を乗せますよね。生ものにあたった時や、虫刺されの時などにも利用されてきました。
f0009128_16432178.jpg

寒さ増す中にも、小春の暖かき箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。

f0009128_16435264.jpg

f0009128_17173998.jpg

f0009128_1644674.jpg

by sanrokubika | 2009-11-24 17:03 | 風のたより(渓川 清)
<< 2009.11.24 第15コ... 20091122R13 滝道若... >>




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧