2008.10.20 第4コース  教学の森

 教学の森コース
通常は、「桜谷」か「山ノ神まえ」から登って行きますが、今日はお天気も良かったので「平和台北口」から登ることに決めました。
   (陰の声:お天気は関係ない。軟弱コースを選んだだけじゃない。)

 大きな家が並ぶ坂道をフーフー言いながら、登山口に到着。
すると早速、一歩足を踏み入れたところからゴミが散乱しています。
「えー?ここだけで袋一杯になってしまいそう。このゴミずーうっと最後まで持って歩くん?」

 でも、山を大切に守っているパトロール隊員に、山の神様はそんな意地悪はしません。そこを過ぎると、いつものきれいな教学の森のハイキングコースになりました。
「さえずりコース」「東尾根コース」らをKリーダー、S隊員らの落語チックな、腹を抱えて笑ってしまう会話と、Tさんの植物教室でお勉強をしながら、六個山までハイキングです。

これは「コシアブラ(漉油)」と「タカノツメ(鷹の爪)」が隣同士に並んでいて、お互いの葉を広げている写真です。
ともに掌状複葉ですが、コシアブラは小葉5枚、タカノツメは似ているのですが小葉3枚です。
Kリーダー
「こ し あ ぶ ら。だから葉は5枚だよね。 た か の??あれ?2つ足りない。どうしよう?」

f0009128_15465474.jpg


六個山山頂の南側斜面は「コウヤボウキ(高野箒)」が満開です。今が見ごろだそうで、花はそんなに長くもたないとか・・。ぜひお出かけ下さい。

f0009128_15502775.jpg


「男女七歳にして席を同じゅうせず」  そんな年でもないのですが・・・。
f0009128_1674766.jpg


六個山を下って、野外活動センターの北側に「イイギリ(飯桐)」の木が真っ赤な果実を葡萄状につけています。「どうじゃ。どうじゃ。」と、今が最高の晴れ姿を見せてくれているようでした。
「イイはGOODではなく、葉が桐に似ていて、木の葉で飯を包んだことからつけられたとのこと。」

f0009128_15544889.jpg


 今日も楽しかった教学の森クリーンハイク
最後にTさんがKリーダーに「この木何の木?」と復習の質問。
するとやっぱり。答えは全部「あれあれ」「ほらあれや」「なんやったかなー あのー」
「教えてもろても10歩歩いたら忘れてしまう。あかん。」
Kリーダーにかかると、山の木の名前は、全て「あれあれ」「ほらあれや」のどちらかになってしまうのです。

 山ノ神さま
「これから人に教えてもらう時は、どちらか片方の耳をふさいでおきなさい。そうすれば、もれずに頭の中に残るかも。」   ??????

         大西
by sanrokubika | 2008-10-20 16:29 | パトロール日記
<< 参加者募集中「第5回箕面の山大... 2008.10.13 歳時記 ... >>




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧