<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2006.1.24  第2コース 才ヶ原林道

寒原隊員と一般参加4名ですが初参加は1名です。女性2名は毎回参加です。聖天山緑地にはゴミか゛無く若夫婦らしいペアが駆け足でとおりすぎ珍しいと思っていると目の前に不法投棄があらわれました。ドライブウェイ ヘアピンカーブの金網の無い部分からの投棄です。生活用品ばかりで引越しの残材です。この場所では3ヶ月に一度ぐらいの頻度で不法投棄があります。なんらかの対策が必要な所です。
山荘周辺 林道出口付近相変わらずゴミ多しです。大掃除までに林道の笹類伐採したほうが良いと思いますが人力では大変です。ザイル隊は電柱35ー36間の崖に投入が良いと思います。ユニック車が来るならこもれび展望所奥のカーブ下に(空調機類)あり 才ヶ原池入り口より林道200メートル奥の崖下 聖天山展望台横へと考えますが林道での作業では交通規制が必要です。<安田 記>
f0009128_187353.jpg
f0009128_1875112.jpgf0009128_188635.jpg
by sanrokubika | 2006-01-24 15:09 | パトロール日記

2006.1.22 第8コース 清水谷

本日は、一般参加者5名(女性3名、男性2名)と寒原隊員、担当2名、併せて8名の巡回です。寒いので、本村隊員の合図で入念な準備体操。10時10分、政の茶屋を出発。3号線を登り、ダム湖堰堤までゴミは殆どありません。毎月、地道に拾い続けた成果で嬉しい反面、ゴミがないとなんだか拍子抜け!
f0009128_10362592.jpgf0009128_103648100.jpg







ダム湖周遊歩道の下、20メートルの河原に無数のゴミがあります。人数が多いので回収することにしました。ペットボトル、空き缶、空き瓶、電気部品(リミットスイッチ)などをボランティア袋で18袋を回収しました。回収しきれない分は次回です。ゴミ回収指定場所まで約1Km。一人2〜3袋を持って、移動します。キッツイ!清水谷園地入口は稲井様はじめ関係各位のご努力により、車止めが設置されていました。関係者の皆さま、ありがとうございます。車止め設置にもかかわらず園地には、ドンゴロス20袋の廃材があり、撤去しました。車止めを移動し、投棄したものと思われます。f0009128_10384068.jpg
天気予報では太平洋岸でも降雪があるとのことでしたが、幸い好天に恵まれ、ふりそそぐ太陽のもと、東海自然歩道尾根で昼食をとりました。帰路、4号線に降り、サクサクと落ち葉を踏みながら政の茶屋に帰りました。
今回は、大量のゴミと格闘していただいた女性陣に、特にお礼を申し上げます。ありがとうございました。大分無理をしていただいたと思います。これに懲りずに、またご一緒してください。
回収ゴミf0009128_1043943.jpg
・タバコポイ捨て:85
・ペットボトル:361
・空きビン:88
・空き缶:455
・リミットスイッチ:100
・ゴミ袋:18
・ドンゴロス:20袋(廃材)
by sanrokubika | 2006-01-23 18:37 | パトロール日記

自然観察情報060121 うつぎ谷

2006年1月21日 うつぎ谷 松田隊員の報告です。

勝尾寺参道登山口では実をつけた数本のセンダンの趣きのある冬木立がみられます。
f0009128_18371350.jpg

センダン: センダン科センダン属
センダンの材は白檀と異なり赤い褐色で粗く裂けます。用途としては建築・家具・器具・楽器材などです。樹皮、根皮、葉は貴重な駆虫・殺虫剤でした。また、珠のような実はまさに「千珠(せんだま)」、数珠玉としても利用されてきました。落葉高木で20mくらいになります。4月過ぎ、薄紫色の花が枝々の間に浮かぶように開花し、とてもきれいですよ。

”せんだんはセンダンに非ず”

「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」。ここで云う栴檀は、実は白檀のことです。この栴檀つまり白檀はビャクダン科ビャクダン属の木で、写真の和名センダンとは別物です。白檀はジャワ島の原産で外来種です。材が白く家具や彫刻などに使われてきました。芳香を利用して香木としても利用されます。
一方、写真の和名センダンはセンダン科センダン属で古来「あふち」、「おうち」と称されてきた木です。白い珠のような実をたくさんつけることから「千珠(せんだま)」と称され、それが転訛して「センダン」となりました。
古来の在来種の呼称に後々不規則に漢名を当ててきたため、分類学上の名称と風習上の呼称との間にしばしば相違がみられます。

玉に貫く楝(あふち)を家に植ゑたらば
山霍公鳥(やまほととぎす)離(か)れず来むかも  大伴書持(万葉集)

f0009128_0554369.jpg
山道では、まだフユイチゴもあちこちにみられます。









f0009128_1102564.jpg
f0009128_1103833.jpg







節分も間近、陰暦では間もなく春を迎えます。勝尾寺川の川原ではタンポポやレンギョウの開花がみられますが、勝尾寺参道でも早やオオイヌノフグリなど春の野草の開花が観察されました。<M>

写真:大阪府箕面市勝尾寺参道 2006.1.21 撮影:松田
by sanrokubika | 2006-01-22 13:04

箕面の山パトロール隊クリーンハイクに参加しませんか

箕面の山パトロール隊のクリーンハイクは、一般の方も参加できます。

クリーンハイク日程などにつきましては箕面の山パトロール隊ホームページ
http://yama-nami.com/ 
「パトロール予定日」をご参照下さい。
詳しくはホームページ記載の連絡先へお問い合わせ下さい。

また、隊員も随時募集中です。
まずは体験してみたいと思われる方もご遠慮なくお問い合わせ下さい。
体験入隊も随時受け付け中です。

箕面の山パトロール隊ホームページへは
右側の箕面の山パトロール隊リンク集
”箕面の山パトロール隊HPへ戻る”
からも入れます。クリックしてください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

箕面の山パトロール隊 http://yama-nami.com/
by sanrokubika | 2006-01-22 01:23

2006.1.21 第5コース うつぎ谷

箕面山麓の美しい冬木立の中を、一般参加者の方も交え楽しく巡回することができました。
f0009128_173187.jpg

外院から愛宕さん山道に至るまでは、タバコの吸殻が落ちてる程度。
途中、外院の森整備の皆さんとお会いできました。お互いに休日を利用して山でのボランティア活動ですね。
愛宕さんへの急坂を登りきったところで一息。稲井隊員より愛宕の歴史を暫し講義いただきました。
f0009128_17846.jpg

落ち葉がモザイク模様を織り成す山道を、樹木の観察を行ないながら勝尾寺旧道を上りました。前日の天気予報では雪とのことでしたので、重ね着を2枚増やしていたため、体はぽかぽか。予報とはうって変わって風もなく穏やかな天候のもと、思わず余分な重ね着を脱ぐほどでした。
ヒヨドリの囀りを聞きながら、しらみ地蔵へ。更に、谷山尾根分岐からうつぎ谷へ下りました。ヒノキが風に揺られて時折ぎぃっぎぃっと音をたててます。
f0009128_152239.jpg
うつぎ谷に入ると「チャッチャッ、チャッチャッ」、藪の中から鳥の声。目を向けると果たしてウグイスでした。笹鳴きです。あと2ヶ月も経つと上手く歌えるようになるのでしょうね。
うつぎ池は、先月みなさんと残りのゴミを回収したためゴミもほとんどなく、このコースは、ほんとうにきれいになりました。
ただ、車止め以前のゴミがところどころにあります。このコースの「ゴミゼロ」も間近。がんばりましょう。
f0009128_133259.jpg
本日の回収ゴミ:
タバコの吸殻、お菓子の包み紙、空き缶、空き瓶、タバコの吸殻、バイクのフェンダー、バイクのマフラー、農機具のハンドル、電気製品の基板など 計2袋

箕面外院山麓の冬木立がほんとうにきれいでしたよ。<M>
by sanrokubika | 2006-01-22 01:08 | パトロール日記

2006.1.16 第1コース 勝尾寺参道

今回は、いつも通り外院からの旧参道を中心にしらみ地蔵〜勝尾寺園地付近までクリーンハイキングを行いました。2日前が雨だった為、勝尾寺園地入り口土手ドライブウェイ付近昭和時代の”空き缶不法投棄”の回収は断念し、駐車場付近をメインに清掃しました。
やはりタバコの吸殻が多く、その他は空き缶などの飲み物のゴミが目立ちました。
また、勝尾寺園地駐車場入り口道路脇の土手には新たな「大型の不法投棄ゴミ」を多数発見し、
内容は「冷蔵庫:6・洗濯機:4・テレビ:4・大型のテーブル:1・タイヤ・その他多数」とどこかの業者がまとめて捨てた様な内容でした。その近くの池にも、車のバンパーやタイヤが捨てられていました。帰宅後早々に山麓委員会の稲井様が、関係部署へ連絡頂き今後の対処方法をともに検討する事になりました。
この様な大型不法投棄ゴミが無くなる様、今後も活動を続けていきたいですね。

タバコ吸殻:304本
    空瓶:4本
   空き缶:19本
ペットボトル:4本
その他:飴袋・コンビニ袋・傘など合計4袋回収
f0009128_19121148.jpg
f0009128_19132255.jpg




※このコースは毎月第3月曜日に開催いたしております。定員は20名の   <要予約>です。
お申し込み・お問い合わせは下記へ。

パタゴニア・アウトレット江坂店 
営業時間:月〜金 11:00〜19:00 土日祝11:00〜20:00
TEL(06)6192−7881 みのお山クリーン&ハイキング係まで
by sanrokubika | 2006-01-20 19:31 | パトロール日記

2006.01.16 コース4 教学の森 報告

今日は教学の森④コースの中の桜谷コース⇒ささゆりコース⇒ハート広場⇒東尾根コース⇒さえずりコースを巡廻した。メンバーはコース担当2名と応援者2名の計4名であった。手数も応援者のお陰で増えたので道より離れた所のゴミも念入りに拾う事ができた。冬休みのせいかいつもよりポイ捨てゴミが多かった。
 当日は平日でもあり、また当コースは比較的急な坂道なので約3.5時間歩いた中で出会ったのは単独3名とペア1組の計5名であつた。静まりかえった山のなかを歩いていると自然の恩恵をたくさん受けたように思えて嬉しい。昨日パトロール隊の総会で山林浴の効果とか、実際箕面の山を歩かれ医学では不治と言われた人が健康になられた事例を聞いたすぐ後なので何か目に見えぬ力をもらえたように思えた。
 山中で出会ったペアーの方から「最近山道が随分きれいになりましたね」と言われ「手分けして箕面の山道のゴミを拾っています」と答えられるのも嬉しい。 睦月の寒さの中でもよくみれば野山の植物は美しい花を咲かせたり,果実を実らせたりしている。みんな精一杯頑張って生きているのだなと思うと夫々が愛しいと思う。
 地球に生きるもの全てが共存し生き生きと生きれることを願わずにはいられない。
 今年も頑張りましょう!
f0009128_9584565.jpg
f0009128_9585825.jpg

by sanrokubika | 2006-01-18 01:54 | パトロール日記

2006.1.17  第10コース 天上ヶ岳

大日駐車場を出発する時には、まだ昨夜来の雨の雲が残り、天上ヶ岳尾根道ではミゾレ交じりの小雨に会い、天候が危ぶまれたが、昼前には太陽が顔を出し、澄んだ空気の中でのクリーンハイクとなった。
五月山ドライブウエイをしばらく進むと、猟師谷では間伐作業が始まり森が明るくなっていた。
ふと下を見ると大量のゴミが顔を覗かせており、現在は間伐作業のため危険で立ち入れないが、後日マムシが出てくる前に回収作業を開始したいと思います。

第10コースのクリーンハイク、みぞれまじりの寒い中、おつかれさまでした。
森林作業がはじまり山の様子にも随分変化があるようですね。植林による商業的な価値が減ったとしても人の手で植えられた以上、人工林は、このようにきちんと整備していただけると安心できますよね。
また、森林にとっても日照の範囲が拡がり樹木間の適正な間隔が個々の樹木の育成に役立つものと思います。
杉や檜も数十年、百年と育てていけばおそらく貴重な資源となるはずです。

大量の山のゴミですが、冬場であるからこそ発見できたのだと思います。下草が萌え出す前の安全な時期に回収したいものですね。<M>
by sanrokubika | 2006-01-17 21:04 | パトロール日記

自然観察情報060117 天上ヶ岳

天上ヶ岳 (2006.1.17) 白水隊員の報告です。

遠くの山肌はこの冬の時期、杉と檜がはっきりと色分けされ、杉の木は少し茶色がかった様子でした。
五月山ドライブウエイと一部並行する猟師谷では間伐作業が始まり、森が明るくなり、樹齢70年?を越す杉、檜が見事です。
まもなく春です。このコースの代表選手のシロダモやツツジも新芽を膨らませています。
わずかに残ったムラサキシキブや蔦の実と交代します。
f0009128_20112197.jpg
f0009128_20141248.jpg

大阪府箕面市天上ヶ岳 2006.1.17 撮影:白水

写真上:ムラサキシキブ<紫式部> クマツヅラ科ムラサキシキブ属
まさに紫式部を彷彿とさせる(残念ながら百人一首でしかお目にかかったことはありませんが・・・)美しい紫の実ですよね。枝が斜めに出るのが特徴です。花も淡い紫色で6月~8月に開花します。よく似たヤブムラサキとの見分け方は、葉についている毛の濃さです。ヤブムラサキの方が毛が多くついてます。一般参加のSさんが「舐めてみて確認して下さい」と云われてましたね。

写真下:もしかしたら、サネカズラかもしれませんね。
サネカズラであれば、

名にしおはば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな
三条右大臣(後撰集)

の有名な和歌があります。
逢坂山は「逢う」、さねは「早寝」、かづらは「つたで手繰り寄せる」という艶けき掛詞です。
サネカズラは早寝葛。一方別名はビナンカズラ、「美男葛」です。樹液の粘液を整髪料として使ったことに由来してます。「美男」にあやかりたい方は是非お試し下さい。結果を御報告戴ければと思いますが。<M>
by sanrokubika | 2006-01-17 20:04

2006.1.17 第10コース 天上ヶ岳

箕面の山パトロール隊 山道自然情報
コース10 天上ヶ岳 (2006.1.17)
白水隊員からの報告です。

今年初めてのパトロール。まずは天上ヶ岳山頂の神変大菩薩様にごあいさつ。
遠くの山肌はこの冬の時期、杉と檜がはっきりと色分けされ、杉の木は少し茶色がかった様子でした。
五月山ドライブウエイと一部並行する猟師谷では間伐作業が始まり、森が明るくなり、樹齢70年?を越す杉、檜が見事です。
まもなく春です。このコースの代表選手のシロダモやツツジも新芽を膨らませています。
わずかに残ったムラサキシキブや蔦の実と交代します。
f0009128_17273287.jpg
f0009128_17275166.jpg
f0009128_1728841.jpg
f0009128_17282536.jpg
f0009128_172842100.jpg
f0009128_17291791.jpg

by sanrokubika | 2006-01-17 17:36 | パトロール日記




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧