<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

自然観察情報060625 歳時記 夏半ば

このコラムは6月28日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。

雨に濡れ、木々の葉のますます青き里山の道。五月雨の晴れ間、やわらかな陽射しの中を草踏み歩く山道もよし・・・。雨粒にしっとりとうたれる色濃き青葉を見やりながら歩く山道も、また、よし・・・。
いま、箕面の山肌に、霞のように白く浮かんでいる花があります。熊野水木(くまのみずき)です。
f0009128_1403838.jpg
クマノミズキ:ミズキ科ミズキ属 2006.6.25 亀豊線

f0009128_223077.jpg

雨の中、より緑濃き樹木の重なりの間に、その白さが際立って見えます。
雨ゆえにこそ、さらに見栄えのする花であるように思います。


コアジサイ 2006.6.4 亀豊線
f0009128_25286.jpg
その雨、梅雨に咲く花といえば、紫陽花(あじさい)ですね。

木の下の風はしめりて吹くからに
紫ふかしあぢさゐの花  松村英一

箕面の山でも、小紫陽花(こあじさい)の美しい姿が見られました。こじんまりと、控えめに清楚に花開く小紫陽花。覗き込むほどに、その細やかな世界に惹きこまれそうな美しさです。

さみだれのきのふ一日晴れしかば今朝は色よきあぢさゐの花  三ケ島葭子

アジサイ 2006.6.25 粟生間谷
f0009128_157178.jpg
山の麓では、園芸種も含め、紫陽花がその七変化のあざやかさを競っていますよね。
雨の紫陽花、その晴れ間の紫陽花。
どちらも、梅雨ならではの趣ですね。


ドクダミ 2006.6.18 勝尾寺道
f0009128_2224436.jpg
山道には、ところどころに十薬(どくだみ)の白い花も咲いてますよ。

笹やぶに朝(あした)にかがやき降る露を
うけては濡るるどくだみの花  阿部豊三郎

この紫陽花と十薬。里山では、民間薬として使われてきました。紫陽花は、風邪や解熱に使われました。十薬(どくだみ)は、漢字で「十」の「薬」と書くように、さまざまな効用が知られていたんです。特に、利尿効果や解毒効果が広く知られていましたし、けがや化膿止めなどにも使われていたんです。

ムラサキシキブ:クマツヅラ科 2006.6.25 才ヶ原林道
f0009128_1594679.jpg
雨の中、森の小道では、紫式部の薄紫の蕾も花開くばかりとなってます。
熊野水木が山肌を飾り、薄紫の紫式部咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけください。
<M>
by sanrokubika | 2006-06-28 02:39 | 風のたより(渓川 清)

2006.6.20 第4コース 教学の森

第4コースとしてはこれまでで一番多い8名の参加を得て有意義に活動できた。
参加の方は新入隊員、一般参加のご夫妻、消防署の方と多彩で活動の広がりを感じた。
f0009128_17191321.jpg

          六個山頂上で
f0009128_17222156.jpg

   「ギンラン」です。前月(5/16)の開花の写真です.
   前月は名前がわからず調べていました。
   孤独に清楚に咲く貴重な花です。
f0009128_1726504.jpg

   ささゆりが6月初旬に蕾だったとの情報で楽しみに行きますと
   根こそぎ取られていました。
   残された葉のみの横が掘られた後穴です。
   残念なことです。
f0009128_1733560.jpg
 
   見事なスモークツリーです。赤いのが「ロイヤルバーブル」
   白いのが「ホワイトファー」と思います。
  
                                  以上   常次記   
by sanrokubika | 2006-06-24 17:46 | パトロール日記

自然観察情報060618 歳時記 蛍

このコラムは6月21日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。

蛍の宿は川ばた柳 柳おぼろに夕闇寄せて 
川のめだかが夢見る頃は ほ ほ ほたるが灯を点す

f0009128_2224731.jpg谷川のせせらぎの音を聞きながら、夕闇のなか、涼風を求めて、沢沿いの道を散策していると・・・ぽつん、ぽつんと輝く光の珠。あたりが暗さを増すにつれ、その明滅は、よりあざやかに輝き、光の帯が一つ二つと谷間に浮かびます。箕面の滝道でも、蛍の光が燈るようになりました。木々の間を飛び交う小さな光。独りじっと佇むと、幽玄の世界に惹きこまれそうです。

f0009128_1029123.jpg
箕面のゲンジボタル 写真提供:箕面ホタルを守る会 撮影:原條様

もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞみる
和泉式部

蛍の光は、いつの時代にあっても、わが身から迷い出た魂のようにも見えるのですね。
蛍はなぜ光る・・・蛍は、恋するために光るんです。雌も雄も、気に入った相手に光で合図を送っているんです。蛍の命は、わずか十日ほど。その短い時を、草の露だけを飲み、光り輝きながら、恋に費やすんです。

声はせで身をのみこがす蛍こそいふよりまさる思ひなるらめ 
源氏物語 「玉鬘」より

写真提供:箕面ホタルを守る会
f0009128_1032391.jpgかつては、蛍船まで漕ぎ出して、川面に乱舞する蛍狩の光景もありましたが、近年、その数がずいぶん減ってきました。本を読むことができるほどの数は、いまではもう見ることもできなくなりました。たいせつにしていきたいですね。
箕面では、おもに、姫蛍、源氏蛍、平家蛍を見ることができます。いま、川面に光り彩なす蛍は源氏蛍です。瞬くような光の点滅を見せてくれる五月の姫蛍。光の帯を暗闇に妖しく残しながら飛び交う六月の源氏蛍。これからも、平家蛍や小型の姫蛍が夏のひと時を、恋の光で演出してくれることでしょう。

蛍火の今宵の闇の美しき  高浜虚子

蛍舞う箕面の里山。皆様も、ぜひお出かけ下さい。
by sanrokubika | 2006-06-20 15:27 | 風のたより(渓川 清)

2006.06.19 No.1 勝尾寺参道コース

本日は、気温が約30℃と暑い中、パトロール隊HPをご覧になられ参加頂いたY様、K様、I様
一般申し込みのK様含め、いつものスターバックスコーヒ・スタッフ6名と常連参加のT様、パタゴニアスタッフ2名の合計13名でのパトロール活動でした。先月同様、最近は本当にゴミが減り、最終の勝尾寺園地も4月のアースディで不法投棄撤去後は、大変!綺麗に守られており
ゴミも3袋程度で終了する事ができました。ただゴミは少ないのですが、山の中の樹木が最近の雨の多さの影響か?枯れてもいない大木が土ごと盛り上がり倒れているのが目立ちました。
雨による土壌の流出が原因ではないかと思われます。
f0009128_023979.jpg

f0009128_034812.jpg

f0009128_042764.jpg
f0009128_051097.jpg

by sanrokubika | 2006-06-20 00:09 | パトロール日記

自然観察情報060618 感動!ササユリと出会う。

ブロブの自然観察カテゴリに安田隊員が「ササユリ」の観察を紹介されていました。以下、安田隊員に宛てたメールです。
自然観察のブロブに「ささゆりの花」の写真を掲載されています。私は「ささゆりの花」を見たことがありません。今年こそはと思いながら、見つけることができません。明日の日曜日、見に行きたいので、場所の詳細を教えて下さいませんか。


安田隊員より、現地を案内すると返事をいただきました。車で向かいます。ドライブウェー入口で、散歩帰りの寒原隊員とすれ違いました。ガケの上に一輪、咲いてました。姿も、香りも清楚・可憐そのもの。永年の念願が叶い、その上品なたたずまいに言葉を失いました。日本最古の書「古事記」に神武天皇が、後の皇后となる伊須気余理比売命(いすけよりひめのみこと)と出会い恋をしました。岸辺にはササユリ咲き乱れ、二人の恋を仲立ちしたそうです。「万葉集」にもサユリ花として歌われています。今日は幸せな一日でした。Wカップ、クロアチア戦に勝てばもっと幸せ!安田様ありがとうございました。
<記 佐野>
f0009128_1423614.jpg
f0009128_1463510.jpg
f0009128_1485579.jpg
f0009128_1491271.jpg
f0009128_1492953.jpg
f0009128_1494434.jpg

by sanrokubika | 2006-06-18 14:14

自然観察情報060616 才ヶ原林道

林道にささゆりが咲いています。私は健康上の理由からも長年林道を歩いてきましたがまったく気がつきませんでした。Ⅰ3日のパトロールで稲井さんが発見しました。その時はまだ蕾みでしたがきれいに咲いています。 記安田
f0009128_2218227.jpg

by sanrokubika | 2006-06-16 22:18

自然観察情報060610 歳時記 すいかずら

このコラムは6月14日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
                                                      ネジキ 外院の森 2006.6.10f0009128_1032948.jpg
夏めく森の緑が、だんだんと夏そのものに移りつつある箕面の里山。山法師が花開き、定家葛の花の香りが風に運ばれています。
尾根道に一歩踏み入ると満開の捩木(ねじき)の花の房。真っ白い雫が木の枝から滴るように尾根沿いの道を飾っています。
白い花々ではじまる里山の六月。その中でも、すこしおもしろい形の花が咲いています。手のひらの指をくっつけて、親指だけを離し
ぐっと反らせたような形の花。白い花と黄色い花が混じっています。

忍冬(すいかずら)この色欲しや 唇に  三橋鷹女
f0009128_18504255.jpg
スイカズラ<忍冬・吹葛>:スイカズラ科スイカズラ属 2006.5.28 粟生間谷

白い花と黄色い花とが混在しているので、「金銀花」ともよばれている忍冬(すいかずら)です。冬でも葉を落さず寒さにじっと耐えているようにみえることから、“忍ぶ冬”という漢字が当てられ「にんどう」ともよばれます。また、花の根元に蜜があり、それを吸うといい香りがするので、和名では「すいかずら」の名があります。5弁の花びらのうち、1枚が大きく反り返り、ほかの4枚はくっついて反り返っています。その花びらの中から、5本の雄しべと1本の雌しべが、独特の花びらの形を惹き立てるように色調を添えています。

忍冬(にんどう)の花のこぼせる言葉かな  後藤比奈夫
f0009128_18554168.jpg
2006.6.10 粟生間谷

このスイカズラ、生薬名もそのまま「忍冬」、「金銀花」と命名され、里山では、解毒や化膿止めの貴重な民間薬でした。また、お肌にもよく、肌の手入れに使われたほか、できものや汗もなどにも使われてきたんです。

梅雨前の、忍冬の花咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけください。
by sanrokubika | 2006-06-13 22:40 | 風のたより(渓川 清)

2006.6.10 第3コース 医王岩

2006.06.10 第 3 コース 医王岩・二十二曲 担当 岡村

天候 晴れ。いよいよ梅雨の時期に入り向こう三ヶ月のパトロールは、大量の汗と木陰での休憩を繰り返し夏の山をそれなりに楽しむ季節を迎える。
今日の参加者は、新隊員の芝坂さん、毎回参加の協力隊員Mさん、担当の本村隊員、小生の四人。挨拶を交わしスタート。
いつもながら最初に拾うゴミは、タバコの吸殻である。小生もタバコを吸うが、パトロール隊に参加してからは、吸殻入れ持参。無いときはズボンのポケットに入れ持帰る。タバコをポイ捨てする人は、案外無意識であろう。啓蒙のむづかいし対象か。
大宮寺池周辺は、タバコ吸殻以外のゴミはメッキリ減った。釣り人には、先ず「釣りの成果」を尋ね、その後ゴミの持帰りを呼びかけている。返事はOK。ゴミ減量定着してきたか。
医王岩手前で、林道から見ると沢にゴミが散乱。沢へ下り回収。芝坂さんいわく
こんな場所のゴミも回収ですか。隊員は、安全を確認しながらルートを決め降りるので慣れたものですよ。初めてこの光景を見た芝坂さんには、やや驚きの様子。
医王岩付近まで一袋分のゴミ回収。この先は、ハイキングである。二十二曲りの上り道で白色の花をつけた「ネジキ」を見る。
今日の仕事は、先月新たに見つけた不法投棄ゴミの回収である。道中、2回休憩後、現場着。(二十二曲りを終え、尾根を下り谷山谷への分疑点手前の広場入口の谷筋に大量の投棄ゴミ)
回収作業しやすいよう先ず、枝を切払う。ゴミは、空き缶、一升瓶、一斗缶、陶器、自転車、プラスチック製品、建材、タイヤなど。手で持ち運びできるゴミを約200キログラム引上げる。運搬は困難であり、ここに放置。いずれ回収対策を要すゴミである。一般ゴミを8袋に入れ整理し所定の置場所へ運ぶ。残りのゴミは重量物であるが、回収出切る物は来月も実施することにした。応援がいるかも。
才が原池周辺、タバコの吸殻に釣り糸のゴミが、いつもより、やたらに多い。
帰路、三ツ石から二十二曲りへ出る分疑点までは、「ネジキ」が多く、白色つぼ形をした花のトンネルである。独特の香りを浴びながら自然を満喫。

☆ネジキ = ツツジ科 (幹は灰褐色でねじれるが、新しい枝は赤色を帯びる。花期 6月~7月)
☆パトロール隊では、ゴミの不法投棄防止対策を取組むため、実行委員会が設置された。全コース内にある不法投棄物の実態調査が始まり、当コース(本村隊員)も本日、現状を地図に落し込み写真撮影で記録し、状況把握に努める。
f0009128_17544313.jpg

by sanrokubika | 2006-06-13 18:01 | パトロール日記

2006.6.11 第7コース 落合谷

新隊員の古畑様、竹田様、龍美様(御夫婦)と協力隊員の田畑様、一般参加のK様さらに箕面市消防署から中西様、コース担当の山下様と小林の合計9名でのパトロールでした。中西様は無線のテストをしながらごみ拾いのお手伝いをされました。無線は箕面署より泉佐野のほうが感度良く電波が届いていたようです。関空の関係で設備が良いためらしいでした。
落合谷のサンコウチョウスポットで朝、姿が見られたようです。到着する前に観察されていた方とすれ違いの時に聞きました。
ようらく台駐車場横で「いたち花」を観察しました。見た目は茶色でしたが近づくほどに紫色に見えてくる不思議な色の花でした。
・たばこ:138本
・ペットボトル:2本
・空きビン:5本
・空き缶:8個
・回収ゴミ袋:1袋
<記 小林>
by sanrokubika | 2006-06-13 17:10 | パトロール日記

2006.6.13 第2コース 才ヶ原林道 

本日は隊員6名と協力隊員他4名計10名と才ヶ原林道コースでは最多数のパトロールとなりました。聖天山では雀蜂が発生しロープが張られていました。稲井氏が才ヶ原林道でささゆりを発見蕾みで数日後には咲くのでとの事でした。いつもは才ヶ原入り口から地獄谷へ直行するのですがこもれび展望所・風呂谷コースで滝道にでました。今回は各所で野鳥のさえづりを聞くことができました
f0009128_1541847.jpg
f0009128_1544294.jpg
f0009128_155767.jpg
[#IMAGE|
f0009128_1511242.jpg

中央やや左のピンクの点がささゆりのつぼみです。記 安田
by sanrokubika | 2006-06-13 15:06 | パトロール日記




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧