<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2007.4.28  パトロール報告 うつぎ谷

f0009128_3383914.jpg
<うつぎ池の新緑>

雨の予報が俄かには信じられないような快晴の朝。一般参加のK様はじめ、奥村、本村、嵐隊員の応援を受け、担当の西、関口、正田隊員と松田の計8名での賑やかなクリーンハイキングとなりました。新緑の勝尾寺参道にはコバノガマズミが咲き始めています。薄雲のように白い花が浮かぶように咲いています。モチツツジに続き、ヤマツツジも開花し初夏の山となってきました。ウワミズザクラも、きっと今週が見頃ですね。遠くの山肌にも白い穂が風に揺れてました。途中からは予報通り雨になりましたが、通り雨。ひどく濡れることなく下山しました。
f0009128_3394866.jpg
<コバノガマズミ 勝尾寺参道>
f0009128_3404944.jpg
<ヤマツツジ 勝尾寺参道>
f0009128_3421040.jpg
<ウワミズザクラ うつぎ谷>
f0009128_346344.jpg
回収ゴミ:タバコの吸殻、空き缶、空き瓶、ペットボトル、
      オートバイの車体部品、水道管、タイヤ、ホイールなど 
      ゴミ袋計5袋  <松田記>
by sanrokubika | 2007-04-30 03:46 | パトロール日記

2007.4.22 風のたより  歳時記 母子草

このコラムは4月25日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_2215443.jpg
<ウグイスカグラ 箕面山麓>

ひさかたの光りのどけき春の日に
          静心なく花の散るらむ  紀友則 古今集

道往けば、山桜の花びら散る箕面の里山。山肌に、浮かぶ薄紅の絞り模様が、たちまちのうちに、若葉色に変わっていきました。花は、なぜ、これほどまでに散り急ぐのでしょうか。桜蘂降る野の道で、ふと寂しさを感じます。そんな思いにかられつつ、野辺を歩むと、賑やかな森の声。

百千鳥囀る春はものごとに
  あらたまれども われぞ古り行く  源氏物語 「末摘花(すえつむはな)」

f0009128_2210161.jpg
<ウワミズザクラ 勝尾寺参道>

歩みを進めれば、恋の季節を迎えた様々な野鳥の囀りが響いてきました。じっと耳を澄ますと、ウグイスをはじめ、ホオジロやシジュウカラなど、それぞれの調べがわかります。日当たりのいいところでは、いろいろな野草や樹木も、その花を開いていました。すみれ草、きんぽうげ、はないかだ、しきみ、うぐいすかぐら、うわみずざくら、などなど・・・。
f0009128_229308.jpg
<ハハコグサ 箕面山麓>

そんな野草の中に、母子草を見つけました。

母子草やさしき名なり莟もち  山口青頓

ふんわりとした感じの綿毛に覆われた葉や茎につつまれるように、うすい黄色の小さな花がついてます。母親が優しく子どもをくるんでいるような様子が、その名の由来です。この母子草、里山では、ヨモギと同様、お餅にいれて草餅としていたんです。咳や喉に使う貴重な薬草でもあったんですよ。また、春の七草の「おぎょう」とは、この母子草のことです。

母子草跼めば影に入りたり  ながさく清江

百千鳥囀り、母子草咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。<M>
f0009128_22371599.jpg
<ハナイカダ 箕面山麓>
f0009128_22374277.jpg
<モチツツジ 勝尾寺参道>
f0009128_22382251.jpg
<キランソウ 勝尾寺園地>
f0009128_2239739.jpg
<シキミ 粟生間谷>
f0009128_2241113.jpg
<ニガイチゴ 勝尾寺参道>
f0009128_22485219.jpg
<ネズミサシ 勝尾寺参道>
f0009128_22422342.jpg
<ヤマコウバシ 勝尾寺参道>
f0009128_2243174.jpg
<スノキ 勝尾寺参道>
f0009128_22433753.jpg
<キブシ 勝尾寺園地>
f0009128_2244514.jpg
<アラカシ 粟生間谷>
f0009128_2244378.jpg
<ヒメコウゾ 粟生間谷>
by sanrokubika | 2007-04-23 22:19 | 風のたより(渓川 清)

山野草の“盗掘”をなくしましょう!!

山野の樹木や草花への損傷、盗掘が目につきます。至近な例は、当ブログ掲示板2007.4.20「ダンコウバイがぼっきり!!誰のしわざ???」にて報告の箕面山麓中部ダンコウバイへの損傷です。
f0009128_16544669.jpg
<幹が折られたダンコウバイ 箕面山麓中部2007.4.14 撮影:岡村隊員>

本ブログ2007.4.22「風のたより」にて報告の箕面山麓東部のハナイカダも2本分枝している幹の1本が、あきらかにノコギリ等の刃物で切り取られています。
f0009128_0401042.jpg
<幹が切り採られているハナイカダ 箕面山麓東部2007.4.22撮影:松田>

気付いたのは、昨年(2006年)6月です。ダンコウバイ、ハナイカダ、被害に遭っているのは、いずれも茶花です。偶然でしょうか。
箕面山麓東部では、昨年(2006年)、当ブログで紹介したホタルカズラが、その一週間後に、蔓から切り取られていました。
f0009128_0494329.jpg
<蔓から切り取られたホタルカズラ 箕面山麓東部 2006.5.6 撮影:佐藤>

また、箕面市某所にて、ササユリの人工栽培に成功したとの展示があったそうです。とすると、この人工(園芸)でないササユリは、どこから持ってきたのでしょうか。人工栽培に成功したということは、自然にあったものを何度か持ち帰りやっとうまくいったということでしょうか。箕面の山パトロール隊が、昨年確認した箕面山麓でのササユリの盗掘被害だけで40本強です。
f0009128_0512887.jpg
<葉だけの株を残し花のついたササユリのほとんどが掘られ盗掘された>
<左側のくぼんだ部分が掘り取られた跡です> 
< 箕面山麓西部 2006.6.20 撮影:常次隊員>

行楽シーズンを前にして、山野での、「盗掘」に対しては、強く“警告”を発しましょう。<松田記>
by sanrokubika | 2007-04-23 09:52 | 雑記帳

ダンコウバイがぼっきり!!誰のしわざ???

箕面山麓中部のダンコウバイが、ぼっきりと折られています。とても残念なことです。
f0009128_16481878.jpg
<枝を折られたダンコウバイ 箕面山麓中部 2007.4.14 撮影:岡村隊員>

ダンコウバイ クスノキ科シロモジ属の落葉樹で茶花としても使われます。春先に黄色の小さな花をたくさんつけます。
f0009128_16492329.jpg
<折られてない幹のダンコウバイの花 2007.3.17 撮影:松田>

折られた時期は、わかりませんが、分枝した幹の一本が折られています。傷口は新しいように感じます。被害に気付いたのは、2007年3月25日です。前日の24日には気付きませんでした。山野草は、山野にあってこそ山野草。山野草をかごの鳥にして、自分だけ楽しもう、などという人は、山野草のみならず山に親しむ人々の心も傷つけていることに気付いてほしいと思います。 <松田記>
by sanrokubika | 2007-04-20 23:45 | 雑記帳

2007.4.17 第2コース 才ヶ原林道Ⅱ

地獄谷にふとん類の不法投棄がありました。豊中市のゴミ袋でした。     記 安田 
f0009128_1654144.jpg

地獄谷
f0009128_16544818.jpg

こもれび展望所下のこぶし
by sanrokubika | 2007-04-17 16:56 | パトロール日記

2007.4.17 第2コース 才ヶ原林道

雨もあがりすがすがしい朝 風はやや強かった。聖天展望台まではゴミはほとんどなし
若葉コースのパトロールが土曜日にあったばかり。ドライブウェイのヘアピンにでると相変わらずの不法投棄が見られた。みのお山荘入り口が改造され猿見物の駐車をなくす柵が設けられた。才ヶ原林道はさすがに道路際にはゴミすくなかった。陸橋のすぐ上を除いては、こもれび展望所下まで林道を行き大掃除後の状況を見ることとした。ゴミの無い谷を見ると気分がよくなる気がした。ゴミの残る谷も今回と同じ手法でなくせるのではないか。ただ取っても取っても次から次から地面から缶類がでてくる場所もありますが…。こもれび展望所で昼食後、こもれびの森谷道より下山しました。ゴミは8袋。         参加者  4名 記 安田
f0009128_1642028.jpg
f0009128_16423796.jpg
f0009128_16431281.jpg

聖天山
f0009128_16435879.jpg

ドライブウェイ・ヘアピン
f0009128_16451014.jpg

みのお山荘入り口
f0009128_16462215.jpg

才ヶ原林道陸橋上
f0009128_16473160.jpg

by sanrokubika | 2007-04-17 16:47 | パトロール日記

2007.4.15 風のたより 歳時記 すみれ草

このコラムは4月18日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_22421693.jpg
<メジロ 粟生間谷>

春の日がうるわしくこぼれ、のどかに風流れる箕面の里山。麓のヤマザクラは散りはじめ、その赤茶色の葉がそよ風に揺れています。よく日が射す斜面では、薄紫のコバノミツバツツジが、ぼんぼりのように道往く人を誘います。

うららかや空より清き流れあり  阿部みどり女

エドヒガンも、まだ楽しめますし、遅咲きの桜も、その役割を知るように、途切れることなく、しばらくは箕面の山を飾ってくれることでしょう。メジロも群れをなして、桜の花をつついてました。やわらかな春の日を浴び、野の花も、ようやく目を覚ましたように、いっせいに開きはじめたようです。
f0009128_22331220.jpg
<スミレ 粟生間谷>

美しき春日こぼるる手をかざし  中村汀女

ついこの前まで、ぽつぽつとしか見かけなかったスミレ。いま、あちらでもこちらでも、そのゆかしい花びらを開いています。スミレは、ほかの草花が顔を出さないようなところを選んで、“私は、ここよ”とばかりに咲いてます。「こんなところに」と思うような場所にも・・・。その可憐な姿からは想像もつかないような逞しさを秘めているんですね。
f0009128_22372725.jpg
<タチツボスミレ 滝道>

箕面の里山で、わりとよく見ることができるスミレは、スミレ、ノジスミレ、タチツボスミレなどです。山中に分け入ると、麓では見ることのできない珍しいすみれ草に出逢うこともできますよ。
このスミレ、里山では、痛み止め、打ち身、腫れ物などに使われる貴重な薬草でもありました。
また、その若葉の風味は、食用としても利用されたんです。
f0009128_2238476.jpg
<ナガバノタチツボスミレ 箕面山麓>

山吹の咲きたる野べのつほすみれ
       この春の雨に盛りなりけり  高田女王 万葉集

のどかに風流れ、すみれ草咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。<M>
f0009128_22282669.jpg
<ウラシマソウ 箕面山麓>
f0009128_2229235.jpg
<イロハモミジ 粟生外院>
f0009128_2230023.jpg
<ハナ二ガナ 粟生外院>
f0009128_22303443.jpg
<シロバナタンポポ 粟生間谷>
f0009128_13504882.jpg
<クヌギ 粟生外院>
f0009128_2232357.jpg
<サルトリイバラ 谷山谷>
f0009128_22341036.jpg
<ミツバアケビ 谷山谷>
by sanrokubika | 2007-04-16 22:29 | 風のたより(渓川 清)

2007.4.14 第13コース 滝道☆若葉

昨晩の雨と花風は夢だったのかと思わせるほどすっきりと晴れ渡りちょっと日焼けが気になる日差しと心地よいそよ風…絶好のハイキング日和でした。
初参加のI様とお友達のO様。絵の題材を探しに…とY様。大学院で環境を勉強中のM様とm様。
パトロールは3度目、自転車で大阪市内よりいらした石黒賢似のM様。そして佐野隊員・古畑隊員・奥村は松田隊長から草花の話を伺いながら春の若葉コースをの~んびりハイキングしました。
f0009128_16301638.jpg

西江寺で松田隊長からパトロール隊の活動について、又今見ることができる花の説明を伺う。
f0009128_16313849.jpg

聖天緑地のコバノミツバツツジ…満開です。
f0009128_16361823.jpg
途中、お母さんと小学生Tくん、中学生Mちゃんも合流。しっかりゴミを拾ってくれました。
TくんMちゃん、ありがとう!
f0009128_1639473.jpg

参加くださいました皆さま、
お陰さまでボランティア袋4袋回収できました。
f0009128_16424545.jpg

大掃除大作戦後、初の若葉コース…
とっても綺麗になっていました!

さて…次回の滝道☆若葉コースは5月12日土曜日
どんな草花に出会えるでしょうか?
植物に詳しい方が参加くださいます。
朝 9時半 箕面駅前でお待ちしていま~す♪
                      <okumura>
by sanrokubika | 2007-04-14 17:14 | パトロール日記

2007.4.9 第11コース 谷山谷

今日は穏やかな春日よりでした。谷山尾根の雑木林は新芽が出始めています。
いつも参加の山田様、由井様と担当の芝坂隊員、松田元隊員、佐々木隊員、倉橋の6名の巡回です。
スタートの薩摩池東側にはとんど桜園があります。桜はまだ若木ですが、地元の桜守の会が植栽されたものだそうです。今年は早く咲いたのでもう散り始めていました。
f0009128_1745925.jpg

そして五藤池の周りにはカンサイタンポポが地面一帯に咲き誇っています。セイヨウタインポポと違って昔から春のシンボルとして親しまれています。カンサイタンポポは自然が残っているあかしです。
f0009128_17463061.jpg

f0009128_17465118.jpg

谷山尾根の桜はわずかに遠望できるぐらいです。雑木林は新芽がキラキラ眩しく山は間もなく緑一色に覆われることでしょう。
f0009128_17473944.jpg

南山下ではクロモジが山道にみられます。今は満開を迎えています。樹脂は芳香があり黄色い小花です。
f0009128_1748562.jpg

地元自治会のみなさんが前日に薩摩池、五藤池周辺のゴミを清掃回収されていましたのでとても綺麗になっていました。
里山は少しずつですがゴミゼロ活動の輪が広がっているように感じます。

                                倉橋記
by sanrokubika | 2007-04-11 17:51 | パトロール日記

2007.4.10 第10コース 天上が岳

f0009128_995158.jpg

<新緑の箕面公園滝道>

今日のパトロールは担当の松原隊員、白水と応援の佐々木隊員、ゲストの唐木さんの4人です。
出発前から桜の開花状況で話が持ちきりで、今日がベストか?などと勝手な想像をしながら歩き始めました。
f0009128_9171721.jpg


滝の上の大日駐車場は箕面の桜の名所のひとつで、ヤマザクラやエドヒガンが屏風のように山肌一面に広がっています。
f0009128_9212513.jpg


百年橋を渡りハイキング道をひと上りすると、先ほどの桜が又違った角度から楽しませてくれます。
f0009128_9235618.jpg

天上が岳からも、向かいの山肌にあちこちとヤマザクラやエドヒガンが見られ、箕面の自然の中に野生の桜が多いのに驚かされます。
f0009128_9273525.jpg

f0009128_9275220.jpg

<天上が岳 役の行者像を囲んで>

途中の道でも赤芽や青芽がさえるヤマザクラやエドヒガンがそこここに目を楽しませてくれます。
f0009128_9342563.jpg

f0009128_10123979.jpg

f0009128_10125478.jpg

f0009128_10164657.jpg

ようらく台園地ではヤマザクラに混じってクロモジが黄色い花を付けていました。
f0009128_937099.jpg

f0009128_10135448.jpg

f0009128_1014929.jpg


帰り道は三国峠経由で、途中箕面の滝を遠く眺めながら山を下りました。
f0009128_9391848.jpg

 本日の回収 
タバコの吸殻 249本、空き缶 43本、空き瓶 7本、
      ペットボトル 26本、 回収袋 4袋。
  <白水 記>
by sanrokubika | 2007-04-11 10:18 | パトロール日記




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧