<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2007.6.23   風のたより  歳時記  夏至

このコラムは6月26日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_20231066.jpg
△ツマグロヒョウモン うつぎ池

白いチョークで、たくさんいたずら書きをしたような雲が、梅雨の合い間の、抜けるような青空に広がりました。夏至を迎えた箕面の里山。雨上がりの、しっとりとした山道に、夏鳥の声が聞こえます。

聞きとめて時鳥(ほととぎす)なり遠からず  清崎敏郎

ホトトギスの声も、時折聞こえてきます。ほど良い湿気と、ゆるやかな風。人も野山も、一息ついた梅雨晴れのひと時です。

しつかりと降りしつかりと梅雨晴間  後藤夜半
f0009128_201459.jpg
△ヤマモモ 粟生間谷
f0009128_2023579.jpg
△アカメガシワ 勝尾寺参道

箕面の山道のところどころには、目印のようにヤマモモがあります。そのヤマモモに、たくさんの実がついていました。まだ熟す前の実が混じり、黄緑色の実、薄紅色の実、真っ赤な実、それぞれの色が美しく調和しています。先週までは、まだ蕾だったアカメガシワも、その花をいっぱいに開いていました。雨の合い間には、ちょうちょの動きも軽やかです。山道のあちこちで見ることができたネズミモチの花にも、蝶が蜜を求めて、やって来ました。

初夏の草花が、一段落した沿道には、夏の花も咲きはじめています。

水音のそこに夕づくうつぼ草  村田脩
f0009128_2044399.jpg
△ウツボグサ 勝尾寺参道

勝尾寺参道では、ウツボグサも、ちらほらと見ることができます。その花が、弓矢の矢を入れる「うつぼ(靭)」に似ていることから、この名があります。真夏には、その花が枯れたように変色するため、夏、枯れ、草、と書いて、カゴソウ(夏枯草)とも呼ばれます。このウツボグサ、里山では身体の中の炎症を抑える貴重な薬草でもありました。
梅雨の合い間の清清しい風、ホトトギス啼く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_2016482.jpg
△ネズミモチ うつぎ池
f0009128_207133.jpg
△ヒメコウゾ 粟生間谷
f0009128_2073120.jpg
△コマツナギ 勝尾寺参道
f0009128_20234735.jpg
△ヤマハゼ 粟生間谷
f0009128_20161272.jpg
△マテバシイ 粟生間谷
f0009128_2018441.jpg
△ザクロ 粟生間谷
by sanrokubika | 2007-06-26 20:20 | 風のたより(渓川 清)

2007.6.25 第1コース 勝尾寺旧参道 

昨日の雨で予約の一般参加者には中止をお伝えしましたが、本日パトーロール隊・亀井さん、関口さん、パタゴニア梅木の3名でクリーンアップしました。雨上がりで蒸し暑く、足元はぬかるんでいましたが、時折みるヤマモモのかわいらしい実に感動しました。一方で、他のコース同様にササユリの花だけがない姿をみると残念です。
ゴミは勝尾寺園地駐車場周辺にタバコの吸殻が目立ったくらいで少なかったです。

また、勝尾寺園地では4月22日(地球の日)大掃除の後ウィングハウスにて大阪府の森について講話していただいた近畿中央森林管理局の木原さんに偶然お会いして、勝尾寺園地駐車場入口〜駐車場までの不法投棄防止柵をさらに広げる計画をお聞きしました。車で安易に入れる場所だけにゴミを持ち込ませない対策が必要ですね。

(ゴミの内訳)
タバコの吸殻 140本
空き缶       5本

次回のクリーンアップは7月16日(月)・海の日です!


梅木記
by sanrokubika | 2007-06-25 14:41 | パトロール日記

2007.6.23 第5コース うつぎ谷

前夜まで、激しく降り続いていた雨が、うそのようにぱったりと止み、抜けるような青空。雨だったらと心配していた前日までの気合が、やや拍子抜けするほどの快晴でした。
池田から一般参加されたO様、箕面から参加のI様はじめ、パトロール隊から、奥村、河村、本村隊員の応援に加え、コース担当隊員、関口、正田、西、松田の計9名でのクリーンハイクとなりました。
f0009128_143531.jpg
△リョウブ 勝尾寺参道
f0009128_1444320.jpg
△ヤマモモ 粟生外院

この日は、ササユリとホトトギスをテーマに出発です。粟生外院から勝尾寺参道のところどころには、ヤマモモの実がたくさん実っていました。また、ニガイチゴもたくさん実をつけています。梅雨の合間の清清しい山道は、まさに「青葉茂れる」情景です。ホトトギスの声も聞くことができました。
楽しみにしていたササユリ、昨年に引き続きがっかりです。今年も根元から掘り取られていました。昨年は、泥棒も良心の欠片か、1本だけ花を残していましたが、今年は花を見ることはできませんでした。才ヶ原での蕾だったササユリの盗掘といい、腹立たしい限りです。
f0009128_1461795.jpg
f0009128_1465640.jpg
△ササユリ盗掘

うつぎ谷では、今年もテイカカズラの大蔓が見事に花をいっぱいにつけていました。他のテイカカズラは、花期も終わりでしたが、有終の美、このテイカカズラは素晴らしいです。
また、モリアオガエルの卵も観察できましたよ。
f0009128_1495892.jpg
△テイカカズラ うつぎ谷
f0009128_1503899.jpg
△モリアオガエルの卵 うつぎ谷

うつぎ谷下流の不法投棄は、徐々に運び出すしかありません。この日も、参加者の皆さん、両手にゴミ袋をかかえて運び出していただきました。
皆さま、おつかれさまでした。また、お待ちしております。
f0009128_148476.jpg
△うつぎ谷下流不法投棄
f0009128_1485920.jpg
△皆さま、ありがとうございました!

回収ゴミ:空き缶、空き瓶、PTボトル、タバコの吸殻、お菓子の包み紙、
家庭用不用品、業務用不用品など ゴミ袋:8袋 (松田記)
by sanrokubika | 2007-06-25 02:00 | パトロール日記

2007.6.19 第2コース 才ヶ原林道 

f0009128_2173994.jpg
岩がらみ
今日はF隊員 I隊員の友人の参加で隊員3名を含めて11名の参加となりました。6月の雨あがりにしてはすがすがしい気候です。聖天山展望台まではゴミは少なかった。
みのお山荘の上も車止が設置されてからめっきりゴミが少なくなりました。ゴミを拾うだけでなく投棄し難い状況を作る事も考えないと ササユリがなくなった林道の溝には家庭ごみが散乱していました。ササユリがネットで2500円で売られているとか才ヶ原池口手前でやや大量の家庭ごみの不法投棄があり1部は引き上げるも残りは崖下のため未回収となった。こもれび展望所付近では岩がらみや夏椿が咲いていました。昼食後こもれびの森谷筋より下山しましたが市外の人は初めてのようでした。なお岩がらみ写す時電池が切れたので写しなおしたつもりが写っていませんどなたか投稿願います。 記 安田
f0009128_16401567.jpg

ササユリの跡
f0009128_1641772.jpg
f0009128_1641294.jpg
f0009128_16414870.jpg
f0009128_16422650.jpg
f0009128_16425115.jpg
f0009128_16431050.jpg

by sanrokubika | 2007-06-20 16:43 | パトロール日記

2007.6.9 第3コース 医王岩

第 3 コース 医王岩・二十二曲 担当 岡村

昨日の天気予報では、降水率70〜80%。雨天も決行の心がまえでいたが、早朝から晴れ。ラッキーである。集合場所には、天候も手伝い応援の隊員が5名参加、この後一般参加者で先月こられたIさんと知人のOさん、初参加のNさん、各コースによく参加されるYさん、担当の龍美隊員、小生加え総勢11人となる。モーニングコーヒ足りるか。
このコース始まって依頼の参加人数である。クリーンハイクも多くの市民に広がり誠に嬉しい限りである。毎度ながら医王岩の前で、ゴミ回収1袋になる。これから先、参加者それぞれ会話を続けながら鍋田川支流に沿った林道を進む。二十二曲りの登り終える近くの展望台で水分補給を兼ねて休憩。この先、いつもの場所で始めるモーニングコーヒータイムは、不法投棄防止対策の啓蒙看板を取付ける作業があり終えてからすることにした。
才が原池手前の水溜り(夏季除き)上部の桜の木に「モリアオガエル」の白い泡状の大きな巣を二箇所見つける。全員見上げてしばらく観察。才が原池口へ回収のゴミ袋を置き終え池周囲の金網へ啓蒙看板の取付け。雨が降り出す。強くなり堰堤端の樹木(大きな傘になる)の下で約30分雨宿り。モーニングコーヒータイムを兼ね倉橋隊員が避雷の知識を披露してくれる。雨が止み掛けたので行程を進めることにした。三ツ石から二十二曲りへ出る分疑点までは、「ネジキ」が多く、今日のところ白色の可憐な花は少ない。昨年(6/13)は花のトンネルであったが、気候の影響か。「にまがり森」で昼食。様々に会話をしながら楽しいひと時である。食事を終えて、参加者揃っての写真撮影。出発点に戻ると晴れ間の見える天候。よかった。皆様お疲れ様ありがとうございました。
f0009128_8142333.jpg

f0009128_8203177.jpg

by sanrokubika | 2007-06-20 08:21 | パトロール日記

2007.6.17 風のたより  歳時記  梅雨

このコラムは6月20日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_21275417.jpg
△クマノミズキ 箕面ダム

樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ  日野草城

よく晴れた週末。その陽射しは、眩しさと、やや鋭さを感じました。思わず掌をかざし、夏なんだな、と実感したひと時です。
ところが、週明けの夜半より、やや激しい雨となった箕面の里山。やっと梅雨本番となったのでしょうか。陽射しに輝く森の緑が、雨に濡れ、次第に色深き緑に変わっていきました。雨ならではの、しっとりと落ち着いた情景です。いま、麓を彩る紫陽花は、やはり雨がお似合いです。また、谷川のカジカも、雨を待っていたことでしょう。滝道では、カジカの美しい声に、路往く人々が耳をすませていました。

河鹿聴く我一塊の岩となり  福田蓼汀
f0009128_21413855.jpg
△ゲンジボタル観察会 竜安寺

滝道では、まだ蛍も見ることができましたよ。源氏蛍の光は、麓から徐々に谷川の奥深くへ移っていくようです。

草むらに蛍のしづむ宵やみを
      時のま吾は歩みとどめつ  斉藤茂吉

雨が続く季節となり、暦もやがて夏至を迎えます。森も青葉から、茂りの色へと日に日に移ろいつつあります。マタタビの白い葉が、よく目立つようになりました。遠くから見ると、白い花びらのようです。
f0009128_2131136.jpg
△アカメガシワ 箕面ダム

アカメガシワも、赤い色をしていた新芽が、夏の色を帯びてきました。花も咲きはじめたようです。このアカメガシワ、里山では、痛みや腫れを抑える貴重な薬草でもありました。とくに、胃の痛みや、はれものに使われてきたようです。また、その葉っぱで、だんごを包んだりしたため、「かしは」の名がついています。
河鹿鳴き、蛍飛び交う箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_21323554.jpg
△マタタビ 明治の森
f0009128_21325930.jpg
△ウツギ 明治の森
by sanrokubika | 2007-06-19 21:42 | 風のたより(渓川 清)

2007.6.13 第14コース こもれびの森

初参加の森下さん、おなじみ田畑さん、樋澤さんと白水、亀井、嵐、関口隊員の応援を得て、入倉・稲井でパトロール。ゴミは6袋を猿対策のため、土嚢袋に入れてから、ボラ袋に入れる二重構造にする。この他電気掃除機+タイヤ・単車一式などを回収する。同時に田畑さんを先生に自然観察会。残念ながら、2〜3日前まで、蕾の状態で今日咲くのを楽しみにしていた「ササユリ」は跡形も無く持ち去られ、ガックリ。行きに蕾を確認した「ササユリ」は午後3時過ぎに再訪問したところ、写真の様に開花する。  
ネジキの花、センダンの花も綺麗なもの。途中モリアオガエルのオタマジャクシの神秘に感心しきりでした。そんなこんなの楽しいクリーンハイキングでした。      稲井
f0009128_22161687.jpg

by sanrokubika | 2007-06-13 22:16 | パトロール日記

2007.6.10  風のたより  歳時記  十薬(どくだみ)

このコラムは6月13日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_21543515.jpg
△ウツギ(卯の花) みのお山荘

夕づけて水に音なく降る雨は
             卯花(うのはな)くたす初めなりけり  上田秋成

晴れたかと思うと、突然の激しい雨。雷が通り過ぎると、たちまち晴れ間が覗いた週末の箕面の里山。卯の花も終わりに近付き、卯の花くたしの雨だったのでしょうか。それにしては、「音なく降る」静かな雨ではありませんでしたね。梅雨に先駆けて降る長雨を、「走り梅雨」とも云います。やがて梅雨がはじまることを、知らせる雨だったのかもしれません。卯の花が咲くと、ホトトギスもやってきます。ホトトギスの啼き声も、ようやく聞こえてきましたね。

谺(こだま)して山ほととぎすほしいまま  杉田久女

ホトトギスの訪れは、間もなく、夏そのものの季節となることを告げています。
f0009128_21562290.jpg
△ネジキ みのお山荘山道

麓では、紫陽花が、それぞれの色も艶やかに咲きはじめました。山道でも、コアジサイが小さな小さな妖精のように花開いています。まだ卯の花も見ることができますし、スイカズラ、テイカカズラ、ユキノシタ、ネズミモチ、そして真っ白い鈴をたくさん吊り下げたようなネジキの花も、ようやく咲きはじめました。

f0009128_2158714.jpg
△ゲンジボタル 勝尾寺川

谷川では、蛍も飛び交っていますね。

蛍火の今宵の闇の美しき  高浜虚子

沿道のあちらこちらでは、いま真っ白い十字形の座布団に、黄色いおしべをちょこんと乗せたような花を目にします。ドクダミの花です。ドクダミは、生薬名を「十薬」といいます。里山では、十の病、つまりなんにでもよく効く貴重な薬草でした。殺菌作用も強く、とくに切り傷、はれもの、胃の痛みなどに使われてきたようです。

f0009128_21594848.jpg
△ドクダミ 箕面

ホトトギス囀り、夏を告げる花咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_2204020.jpg
△ネズミモチ 聖天展望台
f0009128_2213646.jpg
△ユキノシタ 滝道
f0009128_222720.jpg
△スイカズラ みのお山荘
f0009128_2225921.jpg
△テイカカズラ 滝道
by sanrokubika | 2007-06-12 22:06 | 風のたより(渓川 清)

2007.6.10 ササユリの花

 「ササユリの蕾みが膨らんでいる」との情報をパトロール隊員から聞き、早速見に行きました。2本もありました。あと二・三日で花がひらきます。次の日曜日もう一度見に行きます。
f0009128_1227468.gif
近年、ハイキング道沿いに咲く希少山野草の盗掘が目立ちます。「カタクリ」「ササユリ」は地上に顔を出してから花をつけるまで7〜8年を要します。美しさのあまり、悪きなく持ち去るのでしょうが、山にあってこその山野草です。ゴミのポイ捨ても同様、最低限のマナーは守りたいものですネ。
f0009128_1229994.gif
f0009128_12293670.gif
盗掘から辛うじて逃れた「清楚なササユリ」のそばに写真のようなゴミが点在しているのが、まぎれもない箕面山の現状です。  <広報部 佐野記>
by sanrokubika | 2007-06-10 21:05

2007.6.10 看板の設置完了しました。

 本日6/10(日)、外院水利組合 仲野重雄様の了解を得て、第1コース勝尾寺参道、皿池公園よりハイキングコースを北へ入った西側の池に看板を設置しました。ハイカーが多いコースなので大いにPRになることを期待しております。
 これで児童の皆さんの全作品は設置完了しましたのでお知らせします。

      不法投棄防止対策実行委員会 本村 富男
f0009128_1251613.jpg
f0009128_1253327.jpg
<広報部がメールから転載しました。>
by sanrokubika | 2007-06-10 20:59 | 雑記帳




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧