<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007.7.28 風のたより   歳時記  夏木立

このコラムは8月1日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_20351919.jpg
△うつぎ池

丘の上にのけぞる嶺も盛夏かな  村山古郷

肌にやきつく、まばゆい陽射し。見上げると、真っ白い雲の分厚い重なりと、鮮やかな色濃い青空。響き渡る蝉の声。夏の盛りを感じる箕面の里山です。草いきれの漂う野山。にわか雨を、たっぷりと吸い込んだ樹木と地面に、森の呼吸のような、湿り気のある息吹が満ちています。滴る汗を拭いながら、登る山道。一休みして、腰を下ろすと、汗ばんだ身体に、そよ吹く風。思わず、すうっと力が抜けてしまいそうな心地良さです。緑の、より深い緑の夏木立。緑陰が、陽の光を和らげ、きらきらと輝く夏の木漏れ日をつくっています。
f0009128_20365035.jpg
△モンキアゲハ うつぎ谷

揚羽蝶も、いまが盛りなのでしょうか。飛んでは、止まり、飛んでは、止まり、谷川の水を求めていました。

夏の蝶高みより影おとしくる  久保田万太郎

時折、駆け抜ける驟雨の後に、さっと射しこむ鋭い陽射し。滴り落ちる雫のきらめきも、この季節ならではですよね。

暮立(ゆふだち)の雨落(ふ)るごとに春日野の
            尾花が上の白露念(おも)ほゆ  詠み人知らず 万葉集
f0009128_20384470.jpg
△シバグリ 勝尾寺参道
f0009128_2039139.jpg
△クズ 粟生間谷

そんな真夏の、箕面の里山も、もう八月に入りました。暦の上では、立秋まで、残すところ十日足らずなんです。なんと名残惜しい夏の日々なんでしょう。そういえば、葛の花も咲き、栗の実やざくろの実も、もうずいぶんと大きくなっていました。

汗ばんだ肌に、緑の風吹き抜ける箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_2040693.jpg
△ザクロ 粟生外院
f0009128_20403042.jpg
△ハグロトンボ 勝尾寺川
by sanrokubika | 2007-07-31 20:44 | 風のたより(渓川 清)

2007.7.28  第5コース うつぎ谷

f0009128_20283020.jpg
△アブラゼミ 粟生外院

週末から、やや強いにわか雨や夕立が続いていましたが、朝から晴れ。雲も広がり、夏の陽射しをやわらげていました。ただ、雨が多かったせいか、少し湿度が高かったようです。この時期、体温が衣服にこもりやすくなりますので、こまめに水分を摂って下さい。
この日も一般参加者のKさま、I様、女性2名を含むパトロール隊員8名 計10人での、クリーンハイキングです。登りは、汗をかきかきでしたが、一休みする度に、ゆるかに吹く風の心地良さに酔ってしまいそうでした。
f0009128_2029037.jpg
△ミンミンゼミ うつぎ谷

蝉や野鳥の声がこだまし、夏木立のあおあおとした緑の中、身体中で森林浴を満喫しました。下りのうつぎ谷での不法投棄、手分けして運びました。徐々に、回収していければと思います。
参加の皆さま、おつかれさまでした。
f0009128_20272094.jpg


回収:建築廃材、事務用不用品、家庭不用品など 計9袋
by sanrokubika | 2007-07-31 20:33 | パトロール日記

☆素敵な贈りものいただきました♪

f0009128_2216343.jpg
7月21日土曜日滝道若葉コースに参加くださったT様が
こんなに素敵なアルバムを作ってくださいました。
ありがとうございました!!
不法投棄は相変わらずだけど、でも元気百倍♪
がんばります☆               (okumura)
by sanrokubika | 2007-07-24 22:32 | 雑記帳

2007.7.21  風のたより   歳時記   蝉

このコラムは7月25日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_12182588.jpg
△フジウツギ 粟生外院

ふかぶかと 沁みたる雨や 土用入り  木津柳芽

週末までは、雨が降ったり止んだりだった箕面の里山。やっと雨の季節が終わりを告げたようです。そして、大暑を迎えました。

暮れぎはも大暑の欅ゆるぎなし  藤田湘子
f0009128_12185283.jpg
△アブラゼミ 西江寺

その里山に、蝉の声が聞こえはじめました。蝉が一斉に鳴きはじめると、梅雨明け宣言を待つまでもなく、里山の梅雨明けです。里山の生き物は、その時その時の季節の移ろいを、確かさをもって伝えてくれますよね。

四方の蝉こゑ新たなり驟雨去る  沢田弦四朗

山道の、其処此処の木の幹をじっと見遣ると、蝉の抜け殻がたくさん付いてます。母なる大地の、その胎内で、長い時を過ごした幼き命が、晴れて地上に生まれ出た、その命の痕跡ですね。今か今かと、陽の光に出会うことを大地の奥深くで、じっと待ち続けた蝉の幼虫。だからこそ、夏の光に出会ったその時に、精一杯、大きな声を奏でるのかもしれません。
f0009128_12141561.jpg
△セミの羽化 西江寺
f0009128_12152031.jpg
△誕生!! 西江寺

辺りが、薄暗さを増してくる頃、林の土の中から、小さな命が、おそるおそる這い出してきます。赤ちゃんが、はじめて歩く時のように、その足取りは、見ていて、はらはらするほどです。そうやって、ゆっくりゆっくりと木の幹に、しがみつくように登っていくのです。

暁やうまれて蝉のうすみどり  篠田悌次郎

梅雨明けて、蝉の声響く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_12191964.jpg
△オニユリ 勝尾寺川
f0009128_12171690.jpg
△オニユリ 勝尾寺川
f0009128_12195050.jpg
△やいと花(へクソカズラ) 粟生間谷
by sanrokubika | 2007-07-24 12:22 | 風のたより(渓川 清)

2007.7.21 第13コース 滝道☆若葉

台風第4号の影響で一週間ずれての実施となりました。
まだ梅雨も明けず、セミの鳴き声も遠慮がち・・・
でもでも、駅前には若葉コースにいつも参加くださるKさん!
そして、先日「地域デビュー講座」で
パトロール隊の話を聞かれたTさんがパトロールデビュー!
更に応援の隊員が4名!
「今日は、才が原コースで引き上げられなかった
不法投棄を引き上げられるぞ!!!」と
才が原担当でもある安田隊員はロープを持ってスタート!

いきなり自転車↓   滝道近く
f0009128_1810844.jpg

あちらこちらに・・・リョウブの花・・・
f0009128_18103436.jpg

危険です!花火のあと↓  聖天展望台下
f0009128_18105162.jpg

聖天展望台近くのヘアピンカーブ到着。
不法投棄防止ネットがない崖に大量の投棄物
7/17日ブログ
ですが、昨日までの雨のため引き上げるのは危険と判断。
後日、ロープを使って引き上げる日を設けなければ…
f0009128_1243565.jpg
まだネムの花も咲いています。

4日前に才が原コースがクリーンハイクを行ったにも関わらず、若葉コースのゴミ置き場より少し先に、すでにゴミが…。
今後若葉コースはこの先まで伸ばすことにします!

キノコも沢山出ていました。直径15センチくらいありました。
f0009128_1238132.jpg
なかよしのシロオニタケ↓
f0009128_18111724.jpg

      回収ゴミ:ボランティア袋2(タバコ・花火など)
             自転車など
 
           ☆次回の若葉コース☆
8月11日土曜日 朝9時半 箕面駅観光案内所前集合
         箕面公園昆虫館の方と一緒に
          箕面の山の昆虫を探しながら
            クリーンハイキング!
        是非ご家族みなさんで参加してください!
                            (okumura)
by sanrokubika | 2007-07-22 13:29 | パトロール日記

2007.07.17 第2コース 才ヶ原林道 

 梅雨らしい蒸し暑さのなか今回も常連さんと隊員3名計6名が参加しました。「聖天山のヘアピンの崖下にゴミあるで」と言われていたのでどんなもんかと思っていると大量の本格的な不法投棄でした。遠眼ですが軽トラから2トン車クラスの投棄か。たまたま21日に滝道若葉のパトロールがあるので土曜日に引き上げることにします。
 ただ全部引き上げた場合大物は道路際に置くことになるので不法投棄その物と間違われない為の印も必要かなと思います。後半に雷雨によくあうと常連さん、空模様も怪しいので才ヶ原池入り口よりこもれびの森地獄谷より下山しました。 
 ゴミ袋 望海展望台入り口3袋 才ヶ原池入り口 1袋  記 安田
f0009128_101715100.jpg
 ▲聖天山ヘアピンの不法投棄
f0009128_10185850.jpg
f0009128_10193176.jpg
f0009128_10211947.jpg

by sanrokubika | 2007-07-18 10:24 | パトロール日記

2007.7.16  風のたより  歳時記  滴り  

このコラムは7月18日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_19122484.jpg
△ヤブカンゾウ 勝尾寺園地

暦は、海の日を迎えました。まだ明けやらぬ雨の日々。そろそろ、陽射し眩しき夏の山を歩きたいところです。梅雨空は、いつまで続くのでしょうか。でも、大雨にすっきりと流してもらった箕面の里山。雨上がりの、どこまでも濃い緑の重なりは、より深き緑へと誘います。雲の間から、のぞいた陽射しに、雫がきらきらと光っています。

滴りの打ちては揺れる葉一枚  富安風生

雨上がりのほんのひと時、風に揺らぐ枝先に、珠のような雫が滴り落ちていました。
道往けば、山道では、まだヤブカンゾウを見ることができます。恋忘れ草とも呼ばれるヤブカンゾウ。花の色が少なくなった山道で、濃い橙色が鮮やかに映えています。

昼はまた昼の涼しさ萓草(かんぞう)咲く  沢田早苗
f0009128_19132755.jpg
△オカトラノオ 箕面山麓
f0009128_19142048.jpg
△リョウブ 高山道

さらに奥深く分け入ると、オカトラノオも見ることができました。
尾根道では、リョウブが満開です。その真っ白い穂が、ゆるやかに風に揺れてます。
ハナイカダの実も、ずいぶん大きくなりました。まさに、葉っぱが筏、その上に真ん丸い実が、きちんと乗っかっているんですね。
このハナイカダ、里山では、お腹の調子が良くないときの、貴重な薬草でもありました。
f0009128_19151738.jpg
△ハナイカダ 箕面山麓

ヤブカンゾウの花鮮やかに咲き、リョウブの白い穂が揺れる箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_191628.jpg
△リョウブ 明治の森
f0009128_19163411.jpg
△ハナイカダ 箕面山麓
f0009128_1917350.jpg
△ウリハダカエデ 明治の森
by sanrokubika | 2007-07-17 19:19 | 風のたより(渓川 清)

2007.7.16 第1コース 勝尾寺参道

本日は、海の日(祝日)とあって初参加のM様はじめ学生さん達5名と常連のT様筆頭のMTB隊4名、それとパトロール隊発足当時からの一般参加Y様、パトロール隊嵐隊員、岡田の合計12名でパトロールを開催いたしました。学生参加の中でも、遠くは滋賀県栗東からお越しいただいた方が居られ本当にありがたいことです。本日は二日前の大型台風4号のあと少しの晴れ間に恵まれ、参道からの展望もいつもより遠く生駒山まで景色も望めました。最近は本当に活動を始めた頃から比べるとコースにゴミが少なくなり僅かの回収で済むようになっています。それと勝尾寺園地の入り口付近の柵も延長され不法投棄も見当たりませんでした。徐々に活動の成果が伺えます。この3年間地道にご協力いただいた皆様、本当に感謝いたします。
f0009128_2324672.jpg

f0009128_2331972.jpg

f0009128_2333921.jpg

f0009128_2342325.jpg

f0009128_2344553.jpg

f0009128_235914.jpg

f0009128_235323.jpg

皆さん、お疲れ様でした。この様な若者達をみると、まだ、まだ、日本も捨てたものではありません!未来に希望がもてますねっ、本当に有難うございました。

本日の回収
缶:21本、 ペットボトル:9本、 ビン:3本、 タバコ:194本、 合計3袋

                                        岡田 記

※次回、開催は 8月20(月) AM9:30に外院 皿池公園集合です!
by sanrokubika | 2007-07-16 23:21 | パトロール日記

2007.7.10 第10コース  天上が岳

朝、目を覚ますと雨が強く降っていた。結構急な坂道もあるこのコース、昨夜からの雨もあり、パトロールに出かけるかどうか迷った。
相談の結果、たまには雨のハイキングも風情があっていいだろうと意見が一致、出かけることになった。
今日はいつもの3人組、寒原、松原、白水、集合場所の阪急箕面駅に完全武装で集まった。
箕面の瀧もこの時期水量も増し、瀧幅が広くなっていた。
f0009128_2142596.jpg

天上が岳に通じる尾根道から、向かいの山肌には点々と白い樹木が見える。箕面には多いアカメガシワだろうか、クマノミズキだろうか。
f0009128_21455312.jpg

途中では野生のアケビ、ムラサキシキブやネジバナの優しいピンク色の花が、雨で湿った心を和ませてくれた。
f0009128_21485071.jpg

f0009128_21499100.jpg

f0009128_21492682.jpg

f0009128_21493958.jpg

                          <白水 記>
by sanrokubika | 2007-07-10 21:54 | パトロール日記

2007.7.8 風のたより 歳時記 藪萱草(恋忘れ草)

このコラムは7月11日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数FM81.6)で放送されます。放送時間は、あさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_2012430.jpg
△ヤブカンゾウ 勝尾寺川

七月も十日を過ぎました。梅雨深み、雨雲が、まだ空けやらぬ箕面の里山。野山は、夏の盛りを間近に、むしろ、ひっそりと、その訪れを待っているかのようでもあります。百合の花もあちこちで開き、雨上がりの晴間に、森に漂う香気は、夏草の息吹を含んだ濃き緑の香りであることを感じます。

捻花(ねじばな)のまことねぢれてゐたるかな  草間時彦

夏草の薄い地面には、ネジバナがあちこちで顔を出してますね。その名の通り、薄紅色の小さな花が、か細い茎に巻きつくように咲いています。不思議な花です。
実は、このネジバナ、蘭の仲間なんです。和風模様の「捻摺(もじずり)」に似ていることから、「もじずり」とも呼ばれています。

みちのくのしのぶもじずり誰ゆえに
        乱れそめにし我ならなくに  河原左大臣 古今集

里山では、ヤブカンゾウの花も見ることができます。

萱草(かんぞう)が咲いてきれいな風が吹く  大峯あきら

ヤブカンゾウは、別名「忘草(わすれぐさ)」、または「恋忘れ草」・・・。古来、ヤブカンゾウを身に着けていると、つらい恋の想いも忘れることができると、言い伝えられてきました。
f0009128_2016364.jpg
△ヤブカンゾウ 勝尾寺川

萱草(わすれぐさ)わが紐に付く香具山の
       故(ふ)りにし里を忘れぬがため  大伴旅人  万葉集

このヤブカンゾウ、里山では、風邪や不眠に使う貴重な薬草でもありました。
夏草の息吹き、ヤブカンゾウの花咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_20174530.jpg
△コマツナギ 勝尾寺参道
by sanrokubika | 2007-07-10 17:42 | 風のたより(渓川 清)




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧