<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2008.11.25 第15コース 雲隣展望台

雲隣展望台コース(No.15)の概要を写真をもとにお知らせします。
阪急箕面駅前で一般参加者の受付を行います(毎月第4火曜日 午前9時~9時30分)。
f0009128_23262249.jpg

駅前を出発
f0009128_2327152.jpg

滝安寺横の公園で準備体操
f0009128_2329737.jpg

滝道を進みます
f0009128_2330524.jpg

滝道の紅葉は今が盛り
f0009128_2331632.jpg

大滝の手前の唐人戻り岩を過ぎて右に曲がります
f0009128_23325853.jpg

風呂が谷入口のトイレ前で休憩
f0009128_23341438.jpg

いよいよ谷を上ります
f0009128_2335361.jpg

隊員が谷に下り、ゴミを回収しています
f0009128_2336956.jpg

谷の途中にドライブウェーが通っています。左右に注意して横断
f0009128_23374090.jpg

もう少しで頂上。呼吸を整え、給水
f0009128_23402867.jpg

展望台近くの藪の中のごみを回収
f0009128_23413589.jpg

雲隣展望台から箕面市街を展望
f0009128_23424919.jpg

楽しい昼食
f0009128_2344868.jpg

帰り途は落ち葉の絨毯の上を
f0009128_23451727.jpg

今、箕面の滝の上は紅葉真っ盛り。箕面駅から滝道を歩いてこられた方は、もう少し足を延ばして是非大滝の上からの紅葉もお楽しみください。
f0009128_23462868.jpg

f0009128_2347022.jpg

f0009128_23472970.jpg

大滝の前は人の波
f0009128_2348375.jpg

田子 記
by sanrokubika | 2008-11-26 00:00 | パトロール日記

2008.11.22 風のたより 歳時記

このコラムは11月26日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_2046851.jpg
△うつぎ池

冬かげは流るる雲のけはひにも  富安風生

ようやく黄葉も、くっきりと色付いてきた箕面の里山。赤く染まった木の葉の上に広がる冴え渡る空。鈍色を交えた白い冬の雲が足早に流れて行きます。その雲を透かすように、柔らかな冬の陽射しに包まれた週末。そして、週明けは一転、雨だれの潤いを得て、さらに色鮮やかな黄葉の山肌となりました。
f0009128_20465827.jpg
△粟生間谷

時雨の雨間無くな降りそ紅に

    にほへる山の散らまく惜しも  万葉集 詠み人知らず

強い北風を伴うことなく降り注いだ雨。紅に匂える山の紅葉は、万葉人の気遣いが聞えたのか、散ることもなく、箕面の山々に、その彩を散りばめています。もう少し色合いが増すのではないかと思えるほど、まだ淡い色が残っているようです。
f0009128_20481154.jpg
△粟生間谷

「もみぢ」は、紅い葉とも黄色い葉とも書き表されます。もともとは、木の葉が、赤や黄に変わることを言い表す「もみつ」という動詞でした。「かえで」の赤だけではなく、山々が、赤や黄や茶の混ざり合った彩りに移り変わること、それが「もみぢ」です。古来の染め物でも、この時期の草木の色から、「紅葉色」、「朽ち葉色」、「枯れ色」などの名がとられています。後に「紅葉色」はカエデの赤の総称となりましたが、「朽ち葉色」は、『朽ち葉四十八色』と云われるほど、さまざまな「もみつ」色に分かれています。たとえば、赤朽葉、黄朽葉、青朽葉、濃朽葉、薄朽葉と云うように。山肌の錦の色合いのみならず、今、箕面の山道に降り積もる落葉の絨毯は、まさにこの『朽ち葉四十八色』の色模様です。

もみち葉を散らすしぐれに濡れて来て

         君が黄葉を かざしつるかも   久米女王 万葉集


やがて来る北風、紅葉が見頃の箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
by sanrokubika | 2008-11-25 21:54 | 風のたより(渓川 清)

2008.11.22 R5 うつぎ谷

やや冷え込んだかなと思い、もう一つ重ね着をと、ばたばたして出かけたところ、集合場所に着いて、リュックサックを開けた途端「あっ、しまった!」・・・お弁当を家に忘れてしまいました。慌てて取りに帰り、自転車で一目散舞い戻りました。
参加者の皆さんは、既に皿池公園にて準備運動の最中。でも、なんとか間に合ってよかったぁ、ほっ。
f0009128_18335721.jpg
f0009128_20441382.jpg
△うつぎ池

朝方の気温は低かったようですが、風も穏やかで、慌てて着込んだ重ね着は役立たず・・・。
この日は、隊員5名、一般参加の方4名、そして産経新聞社の記者の方が取材で同行されました。山道は、パトロール隊の定期活動でゴミはほぼゼロ。
ところが、うつぎ谷の不法投棄地点に着くなり、はじめての新聞記者の方は唖然。山道からは見えない不法投棄が斜面には、まだまだたくさん残ってます。
地道に回収していきたいと思います。 <松田記>
f0009128_1839840.jpg
△ヤマモモ
f0009128_18462745.jpg
△うつぎ谷
f0009128_18384357.jpg
△外院の森
f0009128_18355232.jpg

回収ゴミ:タイヤ、印刷機械部品、トタン、ブリキ板、空き缶、空き瓶、PTボトルなど 計6袋
by sanrokubika | 2008-11-22 20:34 | パトロール日記

2008-11-18 才ヶ原林道コース  

天気予報より冷えこまず曇り空ながらパトロール日和隊員6名一般参加6名でした。
聖天展望台横ドライブウェイ崖下よりタイヤ2本引き上げました。それにいまだに地中より
ゴミが手品の様に出てきます。驚きです。こもれび展望所で昼食後雲燐台から滝へかなり色づいてきた紅葉を楽しみました。
ゴミ袋  林道出口 10袋   林道内より移動の滝道若葉 1袋        記 安田
f0009128_21365652.jpg
f0009128_21291670.jpg
f0009128_212940100.jpg
f0009128_2130690.jpg
f0009128_21303664.jpg
紫式部
f0009128_213109.jpg
豆柿
f0009128_21314862.jpg
f0009128_21323430.jpg
f0009128_2133350.jpg

by sanrokubika | 2008-11-18 21:33 | パトロール日記

2008. 11. 17 第4コース 教学の森


最多参加者と最多お宝の巻

パトロールの前に、Kリーダー以下担当隊員で「大掃除大作戦」のビラまき

月曜日の朝、箕面駅前には、ハイカーがパラリ。そして・・・・パラリ。
一杯ビラを持っているのに全くはけません。たまに受け取ってもらえると質問がきます。
「箕面の滝はどっち?」
これは簡単。人差し指をまっすぐのばし「あっちです!」
「滝から風の杜にいく道を教えて」
え~エ???
「携帯の充電ができるとこ教えて」
え~エ???

ビラ配りはつらい。トホホ・・・・。
f0009128_17295875.jpg


教学の森には「ホウの木」が一杯あります。今はホウの葉の落葉の真っ最中です。
参加者から「この葉で朴葉焼きをするのね」。「朴葉蒸しもいいみたい」「お寿司も巻くのね」とお料理教室が始まりました。
この瞬間を待っていたS隊員。一度葉っぱを拾って家で味噌つけて試したことがあることから、輪の中に入って、懇切ていねいに講義をされていました。

f0009128_17431295.jpg


今日は途中から普段とは違うコースを歩こうと「こもれびコース」に進みました。
すると途中で道がはっきりしなくなってきました。
すると、Kリーダーがすかさず、
「その先の竹林を抜けたら上の道にでられるはず」の一声。全員竹林を登り始めました。
そこは、おそらく昔竹の子をとるために植えたんでしょう。孟宗竹の林でした。
すると「あるわ。あるわ。そこもあそこもお宝、お宝」ものすごい量です。
ビールのカン、焼酎のビン、ジュースのカン・・。あっという間にゴミ袋が一杯。

今は昔。平安貴族の若者たちが、月から帰ってくるかもしれないかぐや姫を、竹藪で酒盛りをしながら待っていたに違いない!

今日はハート広場でお食事会。(写真なし)

食事が済んだらいつもの「わくわく展望台」へ。
大阪を眼下に見ながら「ここはいつ来てもええなあ」

f0009128_17523343.jpg


六個山にいく途中の白いサザンカ。こころが和みます。

f0009128_17531263.jpg


「よくぞここまで捻れたね」の松の木。性格はいいんでしょうが。

f0009128_17542384.jpg


今日は「教学の森にはゴミがない」という定説が見事破られた記念日になりました。
12月はどんな楽しみがまっているのでしょう?みなさん、ぜひ教学の森へ!お越し下さい。

                                           大西
by sanrokubika | 2008-11-17 18:04 | パトロール日記

2008.11.16 R13 滝道・若葉 報告

おおさか山の日に予定していた滝道若葉は雨の為に11月16日に延期したものの夜中の激しい雨は朝になっても止まず、更に延期を決定しました。「誰だ?雨男は?」そう思いつつ箕面駅に向うと…この悪天候に一般参加の方の姿。
「今日やりましょう!」即実施決定!
f0009128_22425063.jpg
滝道を歩く私たちの目には雨に洗われた鮮やかな紅葉
f0009128_22284997.jpg

f0009128_22462095.jpg

f0009128_22294375.jpg

f0009128_22371926.jpg
そして、聖天展望台からの幻想的な眺めに時を忘れました。
f0009128_2231781.jpg
ぜひ、この美しい箕面の山楽しんでください!
楽しい思い出と足跡以外は、お持ち帰り下さいね!
f0009128_22414120.jpg

回収ゴミ:タバコ85本瓶缶ペットボトル含むボランティア袋1
                   
by sanrokubika | 2008-11-16 23:21 | パトロール日記

2008.11.16 風のたより 歳時記  小春風

このコラムは11月19日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_22315219.jpg
△粟生団地

冬紅葉しづかに人を歩ましむ  富安風生

あちらこちらから、紅葉の知らせが届きはじめた箕面の里山。麓でも、次第に鮮やかな色付きを目にするようになりました。箕面の紅葉は例年立冬を過ぎてから。冬を待ちかねていたように、山肌の色が日毎錦色に変わってゆきます。今年は、とりわけ、桜紅葉がきれいです。黄色の下地に朱色の葉、また、赤く染まった山桜。木の葉を散らす冬の風が、まだ、それほど勢いを増してはいないからかもしれません。勝尾寺参道の山桜も、その葉を散らすことなく、水面に赤く映えていました。
f0009128_22335218.jpg
△紅葉 粟生間谷


返り花咲けば小さな山の声  飯田龍太

陰暦の十月、木枯らしが、吹き荒れることもなく、穏やかな日和が続くことがあります。「小春」と呼ばれる日和に誘われ、春と間違えて、つい蕾を開いてしまう草花。山道の沿道では、ホトケノザが、たくさん開花していました。「小春」というには、お天気が少し崩れ気味の週末ではありましたが、渡る風は、まだ冬の冷たさまでは、運んで来てないようです。「小春風」とも云うようです。たしかに、このところ、なんとなく穏やかではありました。
f0009128_22344071.jpg
△ツリガネニンジン 粟生間谷

色つけて花つけて草枯れてゆく  上野章子

道の辺では、まだ秋の花が残っていることに気付きました。雨の雫に濡れたツリガネニンジン、寂しそうに二輪だけ残ったワレモコウ。森の木々が、より鮮やかに色付いていくほどに、草の花は、より萎れていくのでしょうね。
その花の傍に、ノブドウの実がありました。一日一日と、その実の色を夫々に変化させてゆくノブドウの実です。このノブドウ、里山では、関節の痛み取りに使う貴重な薬草でもありました。

樹木の色付き、ますます深みゆく箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_22354367.jpg
△ヤマザクラ 勝尾寺参道
f0009128_22363592.jpg
△ワレモコウ 勝尾寺参道
f0009128_22371573.jpg
△ノブドウ 勝尾寺参道
f0009128_22374723.jpg
△ホトケノザ 勝尾寺参道
by sanrokubika | 2008-11-16 22:38 | 風のたより(渓川 清)

2008.11.12 第14コース こもれびの森

 しばらくの間居座っていた雲も今日はすっかり晴れわたり絶好のハイキング日和です。参加頂いた方々の日頃の行ないが良かったのでしょう!
 今日の参加は一般参加で男性4名、女性4名と隊員5名の計13名でした。
 森の木々も黄色や赤に色づき始め、箕面の森もいよいよ紅葉本番が間近くなってきました。
 しかし、残念ながら先月には無かった大きな落し物が谷底に…皆さんの協力で引き上げた白物は電子レンジでした。
 こもれび展望台で昼食後、才が原林道~雲燐展望台~滝道では稲井リーダーの説明をききながらの植物観賞で勉強した人・すぐに忘れる人さまざまでしたが、小春日和の下ゆっくりとハイキングを楽しみました。
肉眼で見た紅葉はとても綺麗でしたョ  担当はブログ初挑戦の稲田でした。
f0009128_13434727.jpg
地獄谷口のオオモミジ
f0009128_13472022.jpg
逆光に映えるウリハダカエデ
f0009128_13484980.jpg
尾根筋に咲くさざんか 
f0009128_13501036.jpg
雲燐展望台の紅葉
f0009128_13513024.jpg
皆さんお疲れ様でした
 
by sanrokubika | 2008-11-13 13:57 | パトロール日記

2008.11.12  第10コース  天上が岳

この2,3日は肌寒い日が続きましたが、今日は快晴に恵まれ、紅葉を楽しみにして阪急箕面駅を出発しました。
滝道のモミジは紅葉にはまだ少し早いようでしたが、滝から上に登るとベストシーズンを迎えていました。
今日のもうひとつの楽しみは天上が岳のウリハダカエデの紅葉でしたが、少し遅かったようです。
役行者(えんのぎょうじゃ)ゆかりの天上が岳では、140回も大峯山に参られたことのある明石から来られた80歳の導師様とそのお連れのお二人が、周りを掃き清めて行をされていました。
私たちもしばしの間、その雰囲気に浸らせていただきました。

 回収ゴミ
 空き瓶  5本
 空き缶  12本
 ペットボトル 11本
 タバコ  67本
 車のタイヤ 10本他

・滝道のモミジ
f0009128_196253.jpg

・龍安寺
f0009128_1981957.jpg

・滝の上の錦の屏風
f0009128_199961.jpg

・大日駐車場
f0009128_19102087.jpg

・ウリハダカエデ
f0009128_191147.jpg

f0009128_19112830.jpg

・役の行者様
f0009128_1912478.jpg
f0009128_19122336.jpg

・ようらく台園地
f0009128_19133057.jpg
f0009128_19134217.jpg

by sanrokubika | 2008-11-12 19:27 | パトロール日記

2008.11.10 第11コース 谷山谷

今日は一般参加の方2名と隊員10名総勢12名の巡回です。今回は初めて二手に分かれての巡回でしたが、新鮮味がありました。
五藤池から遠くのほうに冬鳥がいました。I 隊員が双眼鏡で確認したら、冬鳥の頭部が赤褐色でホシハジロだそうです。そして池の周りは、くっつきむし(コセンダン草、オナモミ、チカラシバ)がたくさんあります。昔、子供のころよく遊んだことを思い出します。
谷山尾根道で全員合流し、山道を歩きました。山道では木々の葉っぱが色とりどり落葉しています。あちらこちらで葉っぱの観察会がはじまりたいへん賑やかです。
南山でお昼休みになりました。昼食後、出発。下った山道に倒木(径20センチぐらい)があり、みんなで邪魔者をとりのける作業です。ハイカーが無事に歩けるようになりました。
谷山谷では以前の不法投棄物(がれき入りの土のう袋が20袋)を処分、回収しました。
f0009128_1736478.jpg

谷山尾根の山道にて
f0009128_17164994.jpg
コセンダン草
f0009128_17392927.jpg
オナモミ
f0009128_17201537.jpg
ムラサキシメジ
f0009128_172137.jpg
樹上のキノコ
f0009128_17215632.jpg
タカノツメとコシアブラ(葉っぱがたくさんでも全部で一枚の葉っぱ)
f0009128_17222185.jpg
南山での紅葉
f0009128_17224774.jpg
倒木の整理作業
f0009128_17231055.jpg
ヤマガキ
f0009128_17232927.jpg
センニンソウの果実
f0009128_1724222.jpg
南山にて

みなさんお疲れ様でした。次回は12月8日です。

回収内容 空缶95缶、空瓶37本、ペットボトル37本、タバコの吸殻141本、ボランティア袋6袋             
          以上 
                        倉橋記
by sanrokubika | 2008-11-11 17:41 | パトロール日記




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧