<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2009.1.28  風のたより  歳時記 冬深む

このコラムは1月28日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_1273952.jpg
△ジョウビタキ 勝尾寺参道

日の当る方へ歩みて冬深む  朝倉和江

冬の深みの底にあり、ただ春をじっと待つ箕面の里山。かじかむ手をさすりながら、陽の当たる方へ陽の当たる方へとつい歩いてしまう今日この頃。それでも、山道も半ばにさしかかる頃には毛糸の帽子をとって、額にうっすらと滲む汗を拭うほどに、身体はぽかぽかと温まっています。
麓を見下ろす中腹では、吹き降ろす冷たい風が心地良く感じられます。

勝尾寺参道では、ジョウビタキが山道に姿を見せてくれました。近づくほどに遠のき、やがて飛び去ってしまうジョウビタキですが、この日は、近付く人の姿を気にかける様子もなく、山道を行ったり来たりしていました。コゲラも、しきりに赤松の幹をつついていました。かっかっかっと、小気味良い音が森に響いていました。
f0009128_1251026.jpg
△アオキ 勝尾寺参道

しばらく山道を進むと、それまで森を照らしていた陽射しが急にすうっと消え去り、見上げると、分厚い冬特有の雲。そのうちに、大粒の雪が降り出しました。慌てて樹木の繁る森の道へ駆け込むと、そこには真っ赤な木の実が・・・。大きなアオキの木に実がたくさんつきはじめています。

夕凍のにはかに迫る青木の実  飯田龍太

凍てるような大気に、瑞瑞しい緑の葉っぱと、しっかりとした赤い色・・・。冬の森にこそ映える色合いです。
f0009128_127947.jpg
△ロウバイ 粟生外院

雪の中、麓の農道が見えて来ました。ふと、黄色の花がたくさん色付いていることに気付きました。臘梅(ろうばい)が満開です。

臘梅の香の一歩づつありそめし  稲畑汀子

ロウバイが、いっぱいに花をつければ間もなく節分、
そして、箕面の山も春を迎えます。

すぐそこに来ている春や春を待つ  上村占魚

小鳥舞い、ロウバイの咲く箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_128277.jpg
△ジョウビタキ 勝尾寺参道
by sanrokubika | 2009-01-27 23:17 | 風のたより(渓川 清)

2009.1.27 第15コース 雲隣展望台

 昨日の寒さが嘘のよう。暖かな冬の日差しが心地よい。一般参加者11名を含めて18名の大所帯で駅前を出発。今日はいつもと逆にコースを辿る。聖天展望台入口のドライブウェーに面した谷の斜面に大量のごみが捨てられており、いつも気になっていたので隊員中心のメンバーが谷を降りて回収作業を行う。ここでは11袋のごみ。才が原林道出口付近の谷にも大量のごみがあり、ここでは8袋の収穫!?
 いつものように雲隣展望台近くの休憩所で弁当を広げ、女性群の手作りの歓待を受ける。帰りは風呂が谷を下り、滝道に出て景色を楽しむ。風呂が谷では樹上に遊ぶ猿やゆっくりと木の葉を食む鹿を見つける。箕面の山の豊かな自然を確認した一日であった。
f0009128_2215150.jpg
才が原林道の桜の木。春を待つ新芽。
f0009128_22171585.jpg
才が原林道。桐の実がたわわに。
f0009128_2219892.jpg
温かさに釣られて虫が。才が原林道。
f0009128_22205541.jpg
景色を愛でながら風呂が谷を下る。
f0009128_22223788.jpg
樹上に2匹の猿が。風呂が谷。
f0009128_2223563.jpg
対岸の斜面に立派な角を持つ雄鹿が木の葉を食みながらこちらを見ていた。風呂が谷。
f0009128_2227796.jpg
滝道で見つけたキセキレイ。
f0009128_2228244.jpg
滝道に居ついたアオサギが木の上に。
f0009128_22291673.jpg
マガモです。
田子 記
by sanrokubika | 2009-01-27 22:32 | パトロール日記

2009.1.24 うつぎ谷

f0009128_23441360.jpg
△小学校6年生のYさんがキツツキ(コゲラ)発見!

雪模様の寒い朝、隊員だけでもパトロールできればと思い集合場所へ。ところが、一般の方を含めて、なんと15名が参加されました。
本村隊員のリードによる入念な準備体操のあと出発。
最後尾を歩いていると親子連れの方が、やって来てパトロールですよねと。他の登山パーティーへ間違って参加されていたようです。これで、総勢17名、しかも最年少は小学校6年生!のYさんです。寒い天候の中、お父さんと一緒に参加されました。ありがとうございます。うれしいです。
f0009128_23453645.jpg
△空模様は急変 突然の雪

山道を歩いているとYさんが、なにか音がする、見上げるとキツツキ。このコースははじめてだという小学生がコゲラがまさに木の幹を突いているところを発見!
かっかっかっと、まさにキツツキです。
まだ、陽射しがある内に一行は、うつぎ池で食事。そして、ほぼ全員の食事が終わった頃を見計らったように、大粒の雪が降り出しました。
f0009128_23463925.jpg
△手分けしての作業

寒い日でしたが、山を歩けば体もぽかぽか。
皆さま、ありがとうございました。来月もお待ちしております。

回収ゴミ:空き缶、空き瓶、PTボトル、びん、タイヤ、ホイール、
      印刷所不用品など
ゴミ袋:8袋
f0009128_23471510.jpg
△おつかれさまでした
by sanrokubika | 2009-01-25 23:47 | パトロール日記

2009.01.20才ヶ原林道コース 

1月にしては寒さも和らぐ中隊員7名ゲスト1名の参加でした。
才ヶ原林道通行止でゴミが目立つ聖天山ドライヴウエイヘアピンの崖下ゴミを一部でも
回収したい参加者が多数前回に引き続いて崖下を下りて行きました。
ゴミ袋11袋になりましたがまだまだゴミは残っています。林道通行止長期なりそうで
近辺のドライヴウェイの崖下の多数のゴミもあるのですが府道ですのでねえ
林道出口今回はゴミありませんでした。猿がたむろしボス猿でしょうか弱そうなな猿を
追いかけまわしていました。最近早朝滝道で猿がけんかを売ってきたことがあるのですが
今日も最後尾を歩いていると牙を剥いてほえてきました。コラと睨みかえしてやりました。
ゴミ袋  聖天山ヘアピン 11袋   林道出口 5袋   地獄谷 1袋    記 安田
f0009128_14381112.jpg
聖天山
f0009128_14382946.jpg
聖天山
f0009128_14385021.jpg
林道出口
f0009128_1439486.jpg
捨て犬・林道
f0009128_14391990.jpg
f0009128_14393617.jpg
落ち葉清掃・T隊員
by sanrokubika | 2009-01-21 14:39 | パトロール日記

2009.1.18  風のたより  歳時記 

このコラムは1月21日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。


冬山の日向日かげの檜の匂ひ  金尾梅の門

一月も半ばを過ぎた箕面の里山。山を歩いていて、ふと気付きました。この冬は、それほど寒くはないな、と・・・。そう、例年と比べて冷たい風が吹き付ける日がとても少ないように思います。「寒」に入り、いつもなら一年のうちで、もっとも寒い時期のはず・・・でも、この冬の山歩きは、ことのほか心地好いものがあります。

森といふ大きしじまよ寒の内   上田五千石

冬枯れの木立ちの間を、いろいろな野鳥が飛び交い、さえずりが静けさの中に響いています。
メジロの群れはすぐ目の前でたわむれ、エナガやヤマガラなどが次々にやって来ました。
時折、枯れ木の枝越しに射しこむぼんやりとした、やわらかな陽射し・・・。なんとも、のどかで、静かな冬の日の情景です。

山道で、赤く熟した冬莓を見つけました。そういえば、「寒」の時期には、赤い実がたくさんあります。大宮寺のクロガネモチ、滝道のタマミズキ、清水谷のツルアリドオシ、箕面の山では、ごく普通に見られるソヨゴ、ヤブコウジ、庭先のセンリョウやマンリョウなどなど。
一月は、「赤き実」の季節でもあるようですね。

日当たりてきし枯山の色ゆるぶ  清崎敏郎

風緩み、野鳥間近に集う箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出掛け下さい。

f0009128_239672.jpg

by sanrokubika | 2009-01-20 23:38 | 風のたより(渓川 清)

2009.1.19 第4コース  教学の森


 今回はアカデミックに「1月の教学の森」を紹介します。

 Kリーダーは「リンボク」が常緑樹であることに合点がいかないようで、また朝からTさんに噛み付いています。
「まだ納得できん。木の名前のつけ方が間違えとるのとちゃうか?リンボクは桜の仲間や。桜の葉は冬には散るときまっとる。」

参考までに「リンボクの葉」の写真を撮っておきました。
花が咲いたら、必ずこのブログでお知らせします。とっても小さなかわいい花ですが、ちゃんと五弁の桜の花が咲きます。
f0009128_16114860.jpg


めずらしく「サカキ」と「ヒサカキ」の両方が同じ場所で見つかりました。
「ヒサカキ」は履いて捨てるほどありますが、「サカキ」は山の中で見つけるのは難しいです。
両方の枝を支えてくれているのは「サカキ」隊員です。
「はずかしいから」と言って、顔を隠しています。
f0009128_16132868.jpg


「ユズリハ」の木がありました。
滝道に同じ名前のお店があり、店の前に、この木があるので知ってはいたのですが、山の中で見たのは初めてです。(箕面の山には、ところどころにあるようです。)
「譲葉」の由来は、新しい葉が伸びてから古い葉が落ちることによるそうで、新旧の世代が絶えることなく交代していくので、正月や祝い事の飾り物に使われるそうです。
f0009128_1621245.jpg


途中、Tさんから「ウラジロノキ(裏白木)」を教わりました。
みんな、シダのウラジロしか知りません。それも、お正月にしめ飾りか、鏡餅の下に敷かれたのしか。
「Kリーダーさん。この木もバラ科ですが、冬に葉が落ちる木です。緑の葉っぱが出てきたらまた観察しましょうね。そして葉の表と裏を見比べましょうね。」
Kリーダーは、この辺で、かなり頭の中が混乱してきています・・・・。

教学の森でも「コシアブラ」や「タカノツメ」はよく見られます。
今は、落ち葉しかないのですが、「タカノツメ」の落ち葉の付け根からは、カラメルのような甘い匂いがします。
でも「タカノツメ」と言ったら、トウガラシの一種の「鷹の爪」しか知らない連中に、教えるTさんはたいへんです。「匂う」『匂わん」「匂う」「匂わん」そこらあたりでクンクン、クンクン、犬が散歩しているみたいです。

冬の里山を歩いていて楽しいのは、下を向いて落ち葉を見ながら、「今、頭の上あたりに○○の木がある。」と言って、あたりにその木を見つけるというのがあります。
これはかなり難しいですが、分かり始めると面白いですね。
これは分かりますか?
f0009128_16344851.jpg

正解は「ヤマナラシ(山鳴らし)」
ポプラの葉のようです。そして「ヤナギ科」。
Tさんは、こんな感じで今日も私たちを鍛えてくれました。

帰り道で「冬いちご」を見つけました。
f0009128_16555181.jpg


冬の里山は、木々の花も実も少なく、何となく寂しいイメージですが、よーく観察すると面白い発見がイッパイです。

「寒いから」なんて言っていないで、来月もぜひお越し下さい。
一緒にクリーンハイクを楽しみましょう。

               大西
by sanrokubika | 2009-01-19 17:09 | パトロール日記

2009/1/18  R1コース 「勝尾寺参道」

f0009128_9535173.jpg

集合写真(women's day?)
f0009128_1092341.jpg

自己紹介しながらのゴミ拾い。(殆どP社の宣伝でしたっけ?)Tさん、Sさん、
ありがとう!(皆さんP社に興味がお有りのようです。)
f0009128_10143738.jpg

第二休憩ポイント 薄っすらと遠くに生駒の山が、
f0009128_10165491.jpg

皆さん、お疲れでした!(なかなかゴミゼロまでは遠いです、)

今日は雲行の怪しい中14名もの参加を頂きありがとうございました。また、みなさま昼食時の差し入れ、本当にありがとうございました。残念ながら帰宅時は雨のためご一緒出来なかった方が大半で、もっとお話しをしたかったのですが、次回は是非、天気の良い時にご一緒頂けたらと思います。
皆様、本当にご協力ありがとうございました。

Patagonia江坂スタッフ一同
by sanrokubika | 2009-01-19 10:24 | パトロール日記

2009.1.14  第14コース こもれびの森

冷え込みの厳しい朝でしたが、箕面駅前に一般参加の7名(男性5名・女性2名)と応援隊員・担当をいれ計10名の方々に集まって頂きました。
龍安寺広場で体操、体を温めた後地獄谷で目立つ空き缶を見つけた皆さんが早速谷へ、降りたら缶一個のはずが袋いっぱいに…
かじかんだ手で沢山のゴミを収拾して頂きました。お疲れ様でした。
箕面の山は寒さの中でも息づいていますョ。寒椿も綺麗だったし、うりはだかえでやほうのきも新芽が元気に育っていました。
ゴミを集めた充実感と、小さな自然を見つけた楽しみで、今日も参加者の皆さんと爽やかなクリーンハイクが出来ました。有難うございました。
   [収拾したゴミ  9袋 タイヤ シンナー缶他]

  毎月、斜面を流れてくるゴミの収拾
f0009128_8115840.jpg

  寒い中で健気に咲き誇る寒椿一輪
f0009128_8124664.jpg

  ほうの木が可哀想 鹿にやられたか?
f0009128_8133337.jpg

  「この新芽 寒さに耐えて 春を待つ」 篤老
f0009128_81433.jpg

  本年もよろしくお願い致します
  
f0009128_8143233.jpg

                                   〈担当  稲田〉
by sanrokubika | 2009-01-15 09:43 | パトロール日記

2009.01.12 第11コース谷山谷 ~安全祈願~

今年初めてのパトロール参加者は15名でした。一般の方8名(うち女性5名)、隊員7名です。
谷山谷コース始まって以来の多数記録です。
先行した隊員からの情報ではゴミはあまりないとの事でした。応援のⅠ副隊長より、「今日はおおいに自然を楽しみましょう」とおっしゃったので楽しむことにしました。
今日は冬ならでの野鳥、木の葉、花芽、新芽、木の実、種子、また残雪があり楽しくパトロールができました。
薩摩池では冬の間、水抜きで池底が見えています。鳥の鳴き声が聞こえてきます。Ⅰ隊員がコチ鳥の鳴き声だと説明してくれました。
そして五藤池に行くと冬鳥が(鴨、カワウ、アオサギなど)の群れが遠くに見えました。
ほどなく白姫神社です。今年の谷山谷の安全祈願を全員でしました。
尾根道では毎年タマミズキの赤い実が見られますが、まだ少し早かったようです。今月下旬には見られると思います。
南山で昼食。気温は3℃で寒さが身に沁みますが、女性方の差し入れが心温かく、感謝いたします。ありがとうございました。
みなさん寒い中お疲れ様です。
f0009128_12142894.jpg
薩摩池
f0009128_12144331.jpg
白姫神社の鳥居とサカキ
f0009128_1215683.jpg
サカキの新芽(まが玉状に曲がる)
f0009128_12152390.jpg
白姫神社(水神神社)で安全祈願
f0009128_12154262.jpg
青面金剛の庚申塔(O隊員の説明)
f0009128_1216178.jpg
クヌギに虫こぶ
f0009128_12162165.jpg
残雪
f0009128_12163765.jpg
カラスサンショウ(Ⅰ隊員の説明) 
f0009128_12165491.jpg
カラスサンショウの種子(ルーペにて)

次回は2月9日です。今年もよろしくお願いします。
回収内容 空缶113本、空瓶46本、ペットボトル63本、タバコの吸殻223本、ボランティア袋5袋    
        以上
                   倉橋記
by sanrokubika | 2009-01-13 12:31 | パトロール日記

2009.1.10 風のたより 歳時記 小正月

このコラムは1月14日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_2014347.jpg
△ソヨゴ 風の杜

一月の川一月の谷の中  飯田龍太

一月も半ばに差し掛かかった箕面の里山。冬も終わりの時を迎え、春の訪れとなる節分まで、
あと僅かとなりました。西江寺の境内では、早やロウバイが花を開き、春間近であることを告げています。山沿いの遊歩道では、ミツバツツジまでが、季節はずれの花を開いていました。
これには、びっくりです。
空の色は冴え、重たそうな冬の雲が、陽射しを受けて、刻々とその色を変えながら流れています。十二月とは異なる、やはり一月の空・・・。
頬を流れ行く冷たい風の心地良さが、新たな年の新しい風であることを感じさせます。

一月の瞳にとほぞらの雲の彩  鷲谷七菜子
f0009128_20152131.jpg
△アオジ 才ヶ原林道

一月の十五日。この日は小正月にあたります。嘗ては、奉公人が実家へ帰ったり、知人を訪問にまわる日でもありました。年末年始にかけて、忙しく立ち振る舞ってきた奉公人が、やっと休みを貰い一息つくことのできた日です。店主から、着物や小遣いを渡され久々に家族や友人と過ごすひと時でもあったことでしょう。
ですから、成人の日も一月十五日でしたよね。この日は、また、女正月ともいいます。
年の瀬から新年にかけて、忙しく家庭の行事の仕度を行ってきた女性たちも、やっと休む余裕ができる時期となります。

暖かく暮れて月夜や小正月  岡本圭岳
f0009128_20161384.jpg
△ミツマタ 瀧道

里山では、この日、小豆粥を作りました。古くは、小豆粥を食べて無病息災を祈ると同時に、
粥を掻き混ぜた棒についた小豆の数で、その年の豊作を占ったりもしたんです。
また、トンドも、この時期に行われますよね。トンドの火にあたると丈夫になり、この火で焼いた餅を食べると風邪をひくこともないと云われてきました。トンドの灰や門松の燃え残りを、家の周囲に置いておくと、虫除け、泥棒除け、火事除けになると云われてきました。

今日の日の空を支えて枯木立  星野立子

小正月の空に、枯木立揺れる箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_20165316.jpg
△アセビ 風の杜
f0009128_20172264.jpg
△キリ 風の杜
f0009128_20175467.jpg
△タマミズキ 瀧道
f0009128_20181238.jpg
△アオジ 才ヶ原林道
f0009128_20182865.jpg
△カワガラス 瀧道
by sanrokubika | 2009-01-11 13:09 | 風のたより(渓川 清)




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧