<   2009年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2009.4.25   風のたより

このコラムは4月29日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_338169.jpg
△コバノガマズミ 勝尾寺参道

    風音や春逝くときは忍び足  桂信子

晴れたかと思うと、厚い雲が現れて降り出す雨。季節の変わり目を迎えた箕面の里山です。時折、激しく降る雨・・・それでも箕面の森は、潤いを得たかのように輝いていました。吹き出す木の芽も、この湿り気の中、生まれ出たばかりの、まさしく萌黄色の葉がうれしそうに雨に打たれていました。
行く春の森は雨の中むしろ活き活きとしているように感じます。水を得た樹木は、その芳香を、より強く放ち、
濡れて尚深き緑の重なりに緑色の息吹が満ち溢れていました。

   囀りや一つは大地にこぼれたり  高橋和子

野鳥も、この潤いに精気を得たかのようです。風の音と雨の音に包まれた林に、野鳥の囀りは、いつもと同じように響いていました。

   語らひは遠き日のこと母子草  古市あさ子

勝尾寺参道の畦道にたくさんの母子草が花を開いていました。年を追うごとに、母子草の数が増えているような感じがします。産毛の茎で、母が子を包むように咲く母子草。春の七草の一つ、「おぎょう」とは、この草です。里山では、咳止めに使う薬草として、利用されていました。
f0009128_3404614.jpg
△クロバイ 外院の森
この雨で、この日開花したのでしょうか、まだ蕾を残したコバノガマズミの真っ白な花が、薄暗い山道に浮かぶように咲きはじめています。
森をうつぎ谷の方へ抜けると、クロバイの木も白い花が枝を覆うようにたわわに咲いていました。

   むらさきの風にしだるる藤の花  山川庫
 
麓近くの池に映る紫の色。咲きはじめの藤が薄紫の花房をいくつも垂らしはじめています。はっとして、思わず足を止めるほどの色合いです。桐の花も咲き、春と夏との境の色はこの「薄紫色」かもしれません。

野鳥囀り、藤の花彩る箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
by sanrokubika | 2009-04-29 00:00 | 風のたより(渓川 清)

2009.4.28 第15コース 雲隣展望台

 一般参加者10名、隊員5名で駅前を出発。いつものように瀧安寺の横の公園で準備体操。
f0009128_2331201.jpg
瀧安寺公園のシロフジの棚。純白のフジも美しい
f0009128_23314619.jpg
ゴミ袋、手ばさみを手に滝道をゆく
f0009128_2332998.jpg
滝道の道端には名も知らぬ可憐な花が咲き乱れています
f0009128_23324182.jpg
白雲なびくマルバアオダモの花。才が原林道
f0009128_23325591.jpg
色鮮やかなアカメガシワ。才が原林道
f0009128_2333691.jpg
緑の絨毯のイロハモミジ。才が原林道
f0009128_23333439.jpg
フジの花
f0009128_23334611.jpg
f0009128_2334010.jpg
風の杜の前で記念写真。皆さん ごくろうさん
田子 記
by sanrokubika | 2009-04-28 23:56 | パトロール日記

2009.4.19 第1コース 勝尾寺参道

快晴の中、いつものように外院の皿池公園に集合。
今回はアースディ・イベントの一環として開催。
「Free to flow 川と流域を守る」、というテーマのもと、箕面ホタルを守る会さんと一緒のイベント。
小学一年生から○○歳の方まで幅広く、20代~30代の初めてご参加というかたも目立ちました。
f0009128_22415234.jpg


今日はいつもと違い、まずは粟生団地横のアドプトリバー、勝尾寺川を目指します。
f0009128_22484087.jpg


橋の上から、ホタルの生息に適した河川環境について熱く語る松田隊長の声に耳を傾ける参加者のみなさん。
f0009128_22504072.jpg


いつものコースにもどり、貯水池の脇にある町石を見ながら小休止。
このコースの大きな魅力のひとつ、悠久の歴史を感じさせる遺物の持つストーリーをP吉野隊員が語ります。
この先には、日本最古の町石があります。
f0009128_22551658.jpg


コースの途中で、おなかが減ってしまったP石川隊員。
いつもと同じく、空腹にがまんできません。
でもそれは、鳥のエサです・・・・・。
f0009128_22561248.jpg


写真の撮影会が始まりました。
f0009128_22573920.jpg


見慣れた方にはなんともないのかもしれませんが、普通に考えるとかなり珍しいですよね。
f0009128_2258529.jpg


心地よい汗をかきながら、勝尾寺に到着。
桜が私たちを出迎えてくれました。
やっぱり日本の春は最高です!
f0009128_2313162.jpg


勝尾寺園地を流れる勝尾寺川(最上流部)。
ここがホタルの生息場所であることと、先ほど見た下流部とのつながりを感じてもらいつつ、清掃活動。
沢に向かって昔捨てられた大物を発見。
燃えます。
f0009128_2325555.jpg


ちょっと誇らしげなみなさん。
f0009128_2334876.jpg


40名を超える参加者のみなさんと記念撮影。
五右衛門風呂(の釜の底部分)など、レアな回収物もあり(昔を思い出す人と、そうでない人と・・・・)。
12袋、回収。
不法投棄やポイ捨てされたゴミを見て、みなさんさまざまなことを感じ、考えられたようです。
f0009128_234244.jpg


園地で食事のあとウィングハウスにて、豊かな森とそうでない森との、水の浄化能力の違いについて、隊長からレクチャー。
ペットボトル、腐葉土、濁り水などを使った、浄化能力の違いが明確に分かる実験で、一同、豊かな森の重要性を再認識しました。
f0009128_23101850.jpg


その後は、箕面ホタルを守る会の石田氏のお話があり、ホタルゲーム開催。
この園地には、実は三種類のホタル(ゲンジボタル、ヒメボタル、クロマドボタル)が生息しています。
種ごとに、その生息場所には違いがあります。
その生息場所にこのカードを60枚隠し、たくさん見つけた方にはプレゼントを!
f0009128_23134259.jpg


参加者のみなさんは、ホタルの種類の違いによる生息場所の違いを理解しながら、カードを探し当てていきます。

そして、最年少のBoyはなんと三位に。
彼のおねえちゃんは二位と、ご家族で参加の方が大活躍!
f0009128_23173171.jpg

(プレゼント授与式の様子)

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました~!
この豊かな箕面の自然を、次の世代へと引き継いでいきたいですね。

この勝尾寺参道コースのクリーンハイクは、毎月第三日曜日に開催しております。
来月(5/17)も、みなさまのご参加をお待ちしております。
ご参加お申し込みやお問い合わせ先は、06-6192-7881(パタゴニア江坂)まで、お気軽にどうぞ!


記 玉井
by sanrokubika | 2009-04-21 23:41 | パトロール日記

2009.4.21 第2コース 才ヶ原林道 

天気予報からスタートから雨かなと思っていましたがやや明るい曇り空 午前中はまず大丈夫の感じでした。
聖天山はモチツツジが咲き始めていました。山に かすみ桜が増えた様な感じ
ドライヴウエイヘアピンでは霞桜が満開 ゴミは林道出口に多く笹藪の中掘っても掘っても出てくるし
奥へ追いかけても崖へ行っても無尽蔵の感 
参加者  7名    
ゴミ袋  8袋  テレビ1台 タイヤ1本 ( 林道出口)
今日はこれぐらいにしてとこもれびの森から早く下りないと意見一致
ところが直後雨が強くなり 雨や雨やと不満げな声 崖下にかなりのゴミを発見
これを回収して林道出口に戻ることに
ゴミ袋  6袋   (林道出口)
風の杜の車庫で昼食 雨しばらく止む気配なく 風の杜のバスに乗車となりました。 記 安田
f0009128_213518.jpg
聖天山 モチツツジ
f0009128_21352396.jpg
 ヘアピン・霞桜
f0009128_21342298.jpg
f0009128_21344291.jpg
f0009128_21372277.jpg
ヘアビン・霞桜
by sanrokubika | 2009-04-21 21:34 | パトロール日記

才が原林道はゴミゴミ

本日雨模様の中クリーンハイキング参加しました。
風の杜行く途中ドライブウエー東側崖下多量のゴミです
次月パトロール日に皆さんで掃除しましょう
私も行きます
ゴミが有れば突進する男です
by sanrokubika | 2009-04-21 19:14 | 雑記帳

2009.4.20  第4コース 教学の森

今日は、亀井リーダーがお休み。
手下のSとOは、鬼のいぬ間の洗濯。もっともゴミが少なくて、もっとも近道を通って、参加してくださった皆さんを六個山へご案内。

山に入ると、さっそく、ウラシマソウ(浦島草)が迎えてくれます。
さて、さて、さては・・・・。ちょいと伸ばせば、ちょいと伸ばせば、浦島太郎さんの魚釣竿にさも似たり。
マムシグサに似ていますね。釣竿のような「ひげ」が、お目に止まればお次へ進んでください。
f0009128_16451289.jpg


「憩いの丘」周辺は、ドウダンツツジ(灯台つつじ)が花ざかり。壷型の花が鈴なりです。
f0009128_16473070.jpg


「モチツツジ(餅つつじ)」 この写真は咲いていましたが、ほとんどまだつぼみです。でも、教学の森は、もうすぐ、そこらじゅうモチツツジだらけになります。
「萼」(がく)。専門用語を使ってすみません。お分かりでない方は辞書で調べて下さい。ガクを触ると鳥もちのように、ちょっと粘っこいのですぐ分かります。
f0009128_16514828.jpg


ウワミズザクラ(上溝桜)
この桜は、手に取って間近でみると、桜であることがよくわかります。でも今日は、全部、高い木の上でしかみえませんでした。
イヌザクラという桜もあります。似てるんですが、その違いご存知ですか?
答えは、来月の教学の森コースでお会いした時に。イ・ジ・ワ・ル!
f0009128_16543058.jpg


六個山周辺のヤブツバキ(藪つばき)は、花が大きいのです。どれも10cm近くあります。
でも、私のウデではそれが表現できません。申し訳ないです。
f0009128_1657277.jpg


六個山のクロモジの花
f0009128_16575658.jpg


コシアブラの若葉です。亀井リーダーは、この葉っぱを見つけるのが得意です。
f0009128_17231716.jpg


クロモジの木の手前の広場で、男女仲良く「お昼ご飯」
f0009128_16584617.jpg


ノダフジ(野田藤)とヤマフジ(山藤)
別々の所で撮りました。これらの藤の違い。お分かりですか?
f0009128_173264.jpg

f0009128_173473.jpg


最後にシャガの花。今、箕面の山で満開です。
f0009128_1744424.jpg


      大西
by sanrokubika | 2009-04-20 17:25 | パトロール日記

2009.4.19 風のたより 歳時記 山吹

このコラムは4月22日水曜日、タッキー816みのおエフエム(周波数81.6)で放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー・みのおの風 「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_22281410.jpg
△ソメイヨシノ 粟生間谷

   散花(ちるはな)に音きくほどの深山かな   心敬

麓のヤマザクラ、エドヒガンは、ほぼ花を落としてしまった箕面の里山。山道を往くと、わずかに残った花びらが、時おりはらりと落ちてきます。野鳥のさえずりが途絶えた一瞬、確かに花びらの舞う音がひらひらと聞こえるような気がします。今、山からは、ヤマザクラ、エドヒガンに代わって、カスミザクラ、シデザクラ、ウワミズザクラの開花の便りが聞こえはじめています。

   囀りをこぼさじと抱く大樹かな   星野立子

勝尾寺参道の林に木漏れ日が拡がるその空間に、やや黄色味を帯びた小鳥が横切りました。行く手の小枝に渡りました。歩みを止め、息をひそめました。林を抜ける陽射しが映す美しいその羽の色。キビタキでした。
そう、もうすぐ初夏なんですね。春深みゆく箕面の森です。

   深みゆくいろ何いろと考えて
 
         すみれのいろと思ひあたれる   五島美代子

勝尾寺園地に近づくほどに、山道の斜面は、いっぱいのタチツボスミレでした。
f0009128_2228370.jpg
△タチツボスミレ 勝尾寺参道
f0009128_22284281.jpg
△スミレ 粟生間谷

登りはじめは、ここに一つ、あそこにも一つと、沿道のノジスミレを見つけるたびにうれしくなっていましたが、山道も奥まで進むとたくさんのスミレの花に出会うことができました。

   風ながれ川ながれゐるすみれ草   飯田龍太

麓の粟生外院近くでは、濃き紫のスミレが、一つずつ、その姿を魅せるかのように咲いていました。

   我が心いかにせよかとやまぶきの

              うつろふ花に嵐立つ見ん    源実朝

赤いヤブツバキの花が、枝を飾り、そして落椿が川岸を飾る渓谷の斜面。今が盛りと、風に揺れるまさに山吹色のヤマブキの花。
f0009128_22323811.jpg
△ヤマブキ 勝尾寺川

勝尾寺川は、上流にかけて、山吹色の光彩でいっぱいです。麓では、ほとんど見ることがなくなったヤマブキ。箕面の春の終わりの色なんでしょうか。
このヤマブキ、古来、切り傷に使う血止めとして使われてきたんです。

スミレ咲き、ヤマブキが春の終わりを告げる箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
by sanrokubika | 2009-04-19 22:25 | 風のたより(渓川 清)

谷山谷花壇ーマリーゴールド植えました

不法投棄の一環として白島、谷山谷入口の花壇に黄金の色と暖かいオレンジの色マリーゴールドの花を今年も植えました。他にひまわりの種も蒔きました。これまで四季には15種類ほどの花をうえてきましたがマリーゴールドは鹿の食害もなく大変好評でした。みなさん通りがかりの時はご覧ください。
                     記:倉橋

f0009128_20253522.jpg
谷山谷花壇
f0009128_2026325.jpg
黄マリーゴールド
f0009128_20273242.jpg
オレンジマリーゴールド
by sanrokubika | 2009-04-18 20:32 | 雑記帳

2009.4.15 第10コース  天上ヶ岳

桜見物には1週間遅かったかと思いながら、パトロール隊員6名と一般参加の5名の方が箕面駅に集まりました。
わずかな期待を抱いていつもの絶景ポイント、大日駐車場に着きましたが、残念ながらやはりここは盛りを過ぎていました。
f0009128_1436099.jpg

百年橋から山に入ると早速倒木に遭遇。寒原隊員とDDクラブのFさんの手であっさりと撤去されました。
f0009128_14384352.jpg

尾根道にさしかかり北西の方面に目を向けると山肌のあちこちにまだ桜が残っていました。
f0009128_14392982.jpg

このコースは天上ヶ岳付近のスギやヒノキの人工林を抜けるといろいろな樹木に出会います。
キブシの雄株の花はすでに枯れかかっていましたが、そばにあった雌株の花はふっくらと輝いていました。
f0009128_1448031.jpg
f0009128_14481871.jpg

ウワミズザクラも一部では花芽を伸ばし、開花まであと1~2週間でしょうか。
f0009128_14493591.jpg

アケビの花があちらこちらで咲いています。写真の右の花が雌花、左のかたまりが雄花です。
f0009128_145252100.jpg

ゴヨウアケビも赤紫の花を咲かせていました。
f0009128_14522844.jpg

リンボク(バラ科サクラ属の常緑のサクラ)の木には秋に咲いた白い花がたくさんの実となっていました。
f0009128_145737.jpg

突如目の前に満開の大きなヤマザクラが現れました。桜は諦めていただけにしばらくはその姿に見とれるばかりでした。
f0009128_1458133.jpg

木苺の一種ナガバモミジイチゴやウグイスカグラの花が咲いていました。
7月のパトロールが楽しみです。
f0009128_1513685.jpg
f0009128_1514963.jpg

帰りはコバノミツバツツジのトンネルを抜けて下山しました。
f0009128_1513825.jpg

本日の回収ごみ  16袋と炊飯器、カセットコンロ、魔法瓶等
   <白 水  記>
by sanrokubika | 2009-04-17 15:14 | パトロール日記

2009.4.16 聖天展望台付近では…

  ・・・桜・・・
f0009128_1558515.jpg
- カスミザクラ -
f0009128_15582347.jpg
- カスミザクラ -
f0009128_16103644.jpg
- 山桜 -
f0009128_1612488.jpg
- リンボク -
f0009128_1654387.jpg
- ザイフリボク -

リンボクの花の時期は秋。
イヌザクラは葉のみで、花芽はまだ出ていません。


- マルバアオダモの花 - あちこちで咲いています。
f0009128_16175672.jpg

f0009128_1619159.jpg

  
                          - okumura -
by sanrokubika | 2009-04-16 16:30




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧