2007.10.21  風のたより 歳時記  尾花

このコラムは10月24日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数81.6)で
放送されます。放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより・・・」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_0564624.jpg
△薄紅葉 粟生間谷

黄葉(もみち)する時になるらし月人(つきひと)の
      楓(かつら)の枝の色付く見れば 詠み人知らず 万葉集

秋暑い日が長く続いた箕面の里山も、たちまちの内に、秋の深みに落ちて行きました。うすら寒さを通り越し、ようやく秋の冷ややかさの訪れというべきでしょうか。天高く、ますます爽やかな空を仰ぎ見れば、そこには、薄く色付いた小枝が秋風に揺らいでいました。
f0009128_0574097.jpg
△ケヤキ 粟生間谷

真青なる紅葉の端の薄紅葉  高浜虚子

麓のミズキやヤマボウシの葉も、すっかり秋の色に変わりつつあります。草の花咲き続く山道・・・その野原も一面の秋景色です。

秋すでに芒に触るる雲白く  岸風三楼

澄みきった秋空に浮かぶ真っ白い雲・・・その雲にも届きそうなススキの群落です。
f0009128_0582551.jpg
△ススキ 粟生外院

秋づけば尾花が上におく露の
         けぬべくも吾は念ほゆるかも 日置長枝娘子 万葉集

万葉人は、野原に群れ出るススキを庭に植え、その素朴な姿に、我が身の想いをよせてきました。秋風に揺れるススキの穂、まさに日本の原風景です。このススキ、里山では、屋根を葺いたり、俵や紙の原料などに使われてきました。また、身体の毒消しに使う貴重な薬草でもあったんです。

秋風の中、ススキの穂が揺らぐ箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_05943.jpg
△アオツヅラフジ 勝尾寺参道
f0009128_0594854.jpg
△コゴメギク 白島
by sanrokubika | 2007-10-22 01:00 | 風のたより(渓川 清)
<< ☆10月21日(日)ふれあい広... 2007.10.16 第10コ... >>




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧