2008.2.3  風のたより  歳時記  立春

このコラムは2月6日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数81.6)で放送されます。
放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_19271551.jpg
△箕面の奥山は雪

漸く寒さが厳しくなってきた箕面の里山も立春を迎えました。節分から立春にかけて、里山は雨。その雨のきらめきの中に、なんとなく春の光が見えるようにも感じました。麓は雨でしたが、節分の箕面の奥山は、うっすらと雪化粧。

雪の上に二月の雨の降りにけり  石原舟月

立春は、例年のように寒さの極にあるように思います。立春を迎えて、雪の話題も多くなりましたよね。寒さの極ということは、これを境に、徐々に寒さがやわらいでいくということでもあります。

雨の中に立春大吉の光あり  高浜虚子

季節も変わり、七日には旧正月を迎えます。
f0009128_19285072.jpg
△メジロ 勝尾寺参道

時折、雨がぱらつく里山の道を歩くと、春の兆しがあちこちにあります。野鳥の囀りが、雨の合間をぬって林に響いています。メジロ、ウグイス、ヒヨドリ、シロハラ、ジョウビタキなど、いろいろな野鳥の姿を、まだ冬木立の林の中に見ることができます。「百千鳥囀る春」も間近なんですね。雪の奥山からの風は、頬や手先に冷たく吹き付けていますが、ホトケノザやナズナなど、春の花は立春とともに、ゆっくりと開きはじめています。ナズナは、春の七草の一つでもあり、万病を遠ざけ、邪気を祓う食べ物とされてきました。
f0009128_19301038.jpg
△ナズナ 勝尾寺参道

若菜は、おひたし、和え物、てんぷらなどにして食べることができます。また、熱さましや、お腹の調子が良くないときの貴重な薬草でもありました。

よく見れば薺(なずな)花さく垣根かな  松尾芭蕉

早春の花咲きはじめ、野鳥囀る箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_1931353.jpg
△ハンノキ 勝尾寺参道
f0009128_19313396.jpg
△タネツケバナ 勝尾寺参道
f0009128_1932137.jpg
△ホトケノザ 勝尾寺参道
f0009128_19322447.jpg
△リュウノヒゲ 勝尾寺参道
by sanrokubika | 2008-02-05 19:33 | 風のたより(渓川 清)
<< 2008.2.9 第3コース 医王岩 2008.2.3 第8コース 清水谷 >>




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧