2008年 02月 05日 ( 3 )

2008.2.3  風のたより  歳時記  立春

このコラムは2月6日水曜日、みのおFMタッキー816(周波数81.6)で放送されます。
放送時間はあさ9時30分、モーニング・タッキー「風のたより」の時間です。
箕面の山パトロール隊 渓川 清の報告です。
f0009128_19271551.jpg
△箕面の奥山は雪

漸く寒さが厳しくなってきた箕面の里山も立春を迎えました。節分から立春にかけて、里山は雨。その雨のきらめきの中に、なんとなく春の光が見えるようにも感じました。麓は雨でしたが、節分の箕面の奥山は、うっすらと雪化粧。

雪の上に二月の雨の降りにけり  石原舟月

立春は、例年のように寒さの極にあるように思います。立春を迎えて、雪の話題も多くなりましたよね。寒さの極ということは、これを境に、徐々に寒さがやわらいでいくということでもあります。

雨の中に立春大吉の光あり  高浜虚子

季節も変わり、七日には旧正月を迎えます。
f0009128_19285072.jpg
△メジロ 勝尾寺参道

時折、雨がぱらつく里山の道を歩くと、春の兆しがあちこちにあります。野鳥の囀りが、雨の合間をぬって林に響いています。メジロ、ウグイス、ヒヨドリ、シロハラ、ジョウビタキなど、いろいろな野鳥の姿を、まだ冬木立の林の中に見ることができます。「百千鳥囀る春」も間近なんですね。雪の奥山からの風は、頬や手先に冷たく吹き付けていますが、ホトケノザやナズナなど、春の花は立春とともに、ゆっくりと開きはじめています。ナズナは、春の七草の一つでもあり、万病を遠ざけ、邪気を祓う食べ物とされてきました。
f0009128_19301038.jpg
△ナズナ 勝尾寺参道

若菜は、おひたし、和え物、てんぷらなどにして食べることができます。また、熱さましや、お腹の調子が良くないときの貴重な薬草でもありました。

よく見れば薺(なずな)花さく垣根かな  松尾芭蕉

早春の花咲きはじめ、野鳥囀る箕面の里山。
皆さまも、ぜひお出かけ下さい。
f0009128_1931353.jpg
△ハンノキ 勝尾寺参道
f0009128_19313396.jpg
△タネツケバナ 勝尾寺参道
f0009128_1932137.jpg
△ホトケノザ 勝尾寺参道
f0009128_19322447.jpg
△リュウノヒゲ 勝尾寺参道
by sanrokubika | 2008-02-05 19:33 | 風のたより(渓川 清)

2008.2.3 第8コース 清水谷

f0009128_16553274.gif
◇ダム湖堰堤より鉢伏山を遠望

イヤー ! 今年も雪中ハイキングができました。
新雪を「キュッキュ」と踏みしめながら一面銀世界の中が歩けるなんて…。
しばし、子供のころに帰れたような気分を味わうことが出来て、幸せな一日になりました。
   ?箕面の山は素晴らしいー?

 自然研究路3号線に幹の径が約15cmほどの木が雪の重みに耐え切れなかったのか?下から2m位のところで折れ、横たわっていました。
f0009128_17213672.gif
◇自然研究路3号線の倒木
        
 早朝から雨、雪混じりの不安定なお天気です。予報では昼前から回復するとのこと。
昨年の一月、新雪を楽しんだ箕面の山行を思い出し、ヒョッとして積もっているかな…っと、期待でドキドキします。雪に覆われた箕面ダムから見る遠景は息を呑む美しさです。誰も踏んでない雪道を清水谷に入ります。聞こえる音は、雪を踏むキュッキュッ、鳥のさえずりだけです。静けさの中で凛とした空気が新鮮です。途中から枯れた沢を渡り、急坂を東海自然歩道尾根へと頑張って登ります。東海自然歩道を横切り、まっすぐ下ると4号線と合流するところです。今日は右に折れ、雪景色を楽しみながらビジターセンターを目指します。滑りやすく緊張しましたが、雪の箕面山をたっぷりと楽しみました。
f0009128_16555874.gif
◇ダム湖周遊路から鉢伏山
f0009128_16562378.gif
◇左から本村隊員、駒場さん、松永さん、河村隊員 撮影佐野
f0009128_165636100.gif
◇清水谷
f0009128_16571532.gif
◇東海自然歩道
f0009128_16574079.gif
◇東海自然歩道
f0009128_1723334.gif
◇東海自然歩道
by sanrokubika | 2008-02-05 17:10 | パトロール日記

2008.2.4 第11コース 谷山谷

今日の谷山谷コースは一般参加の方5名、隊員3名の総勢8名の巡回でした。
スタートの薩摩池は今、冬鳥がたくさん訪れています。よく目立つのがキンクロハジロです。
今年は例年より賑やかなようです。
尾根道に入ると前日に降った雪があちらこちら残っていました。また、ソヨゴの赤い実がたくさん落ちています。この道は昔、勝尾寺からの巡礼道であったらしくみなでワイワイガヤガヤと楽しく巡回しました。
南山ではクロモジの花芽が膨らんで春の息吹が感じられます。
スタート時には汗ばむほどの気温でしたが、昼ごろには冷たい風が吹き始め肌寒くなり山での急激な寒暖を体感しました。
今日の山でのマナー違反は焚き火跡が多数あり、またオートバイ(モトクロス)の乗り入れ跡が後を絶ちません。
f0009128_12423017.jpg

薩摩池の冬鳥
f0009128_1242526.jpg

谷山尾根道の残雪
f0009128_12435131.jpg

f0009128_1244921.jpg

クロモジの花芽
f0009128_12443197.jpg

五藤池の焚き火跡
f0009128_12445222.jpg

谷山谷オートバイタイヤ跡
f0009128_12451188.jpg

初参加の方は友達仲間を誘い合っての参加です。
皆さんお疲れ様です。次回は3月3日です。


回収内容 空缶80缶、空瓶18本、ペットボトル42本、タバコの吸殻122本、その他(バッテリー、ラジオ)、ゴミ袋5袋
                          
                                     以上
                                       倉橋記
by sanrokubika | 2008-02-05 12:49 | パトロール日記




パトロール隊の主な活動は、箕面の山のゴミ回収、大型ゴミ・不法投棄の調査、防止策の提案、一般への啓蒙活動、自然環境の保護・保全・育成です。
by sanrokubika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
箕面の山パトロール隊☆リンク集
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧